2012年11月24日 (土)

ピストンを交換するも、、、

ポートタイミングをいぢっているし、思っていたよりシリンダーのダメージが少なかったので、ピストン系のみを交換する事にした。1万円以上で送料が無料となるので、予備のピストン・シリンダーセットも購入

Dscf1696 Dscf1698

 元凶がハイギヤードによるオーバーロードと見ているので、ウェイトローラも注文し計3g軽くする。同時交換が推奨されているビストンピンのニードルベアリングもGETした。ノーマルより排気ポートが大きく、パワーアップすると評判のKN企画製である。

Dscf1701 Dscf1704

 サクっと交換して試走させてみると、明らかに負荷が軽くなっているし、アイドリングも安定した。100km程度は慣らしの為、50km/hMaxで走行させる。が、しかし翌日会社に乗っていったら帰りにエンスト!。ガスの残量も少なかったのでGSまで押して行き給油するも始動せず、、、。これまでは冷えたらなんとかかかってたのに全く駄目で、プラグでも見ようと工具を借りようとしたら無かった。

Dscf1778 Dscf1776

 その日は諦めて生命体Kに迎えに来てもらうが、なかなか連絡がつかず家に向かって2kmほど歩いた。本当に連絡が付かなかったら、もう10kmほど歩かなければならなかった、、、。翌日プラグ周りを見てみるが、何回もクランクしているのにプラグは乾いたまま。燃料系に不具合が有るのかも知れず、路上復帰を諦め翌々日生命体Mにレスキューしてもらう。ヂャイ子から見る走行中のMINIは、まるでグランツの画面の様であった。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

40km/hまでねと言ったのに60も出しやがってっ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

患部を目視確認した

しばらくご無沙汰のヂャイ子、実はエンジンを患っていて40Km/h以上で走れない状態なのだ。不調なのに私のわがままのせいで、すっかり元気が無くなってしまった。

Dscf1515 Dscf1533

 機械なので自然治癒するハズも無く、ようやっと腰上をバラしてみた。シリンダーは深い傷も無く、思っていたよりもずっと状態は良い

Dscf1535 Dscf1538

 ピストンは大きく傷ついていて、ピストンリングが2本とも固着している。過去にZOOKで同様な状態となり、その時はピストンリングを折ってしまったが、今回は何とか外す事ができた。問題はピストンピン穴からトップに入った亀裂で、ロックした際ピストンピンに押され割れたと思われる。

Dscf1539 Dscf1541

 熱と爆発圧力によってヘッドガスケットが拡がっている。若干圧縮比が上がるが、2枚入れているうち、変形の酷いほうを抜いた。中速を多用した為か、カーボンの堆積が多かったので除去する。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

リングの自由度が戻ったので、少しは調子良くなるかと思ったが改善されず、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月10日 (金)

ナックルエアロ-現物合せの巻

■ヂャイ子のエンジンカバーが中途なまま思い付きで本シリーズ始めたりZOOKにサイドカー付けたり畑の世話もせにゃならんしゴン太の車検も近い

Dscf1076 Dscf1077

 加えて暑過ぎて作業捗らず、さすがに手を広げすぎて収集つかない感じ、、、でもまぁボチボチやってマス。樹脂が回りきらなかったトコロを埋め、パテ整形は埃がすごいので屋外作業

Dscf1075 Dscf1074

 今のところ無塗装で使いたいので、溶けたPVAを削って何とかする。ミラーを外したトコロのカバーは、現物合わせで穴を空ける

Dscf1078 Dscf1079

 水研ぎしてコンパウンド掛ければソコソコ艶も出るのだ。パテ修正した部分もそのままだが、将来全塗装を考えているのでこのままとする

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

あちこちヤレているので、パッと見分からないしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 2日 (木)

ナックルエアロ-製品積層の巻

ゲルコートをどうするか悩んだがそんな事では何時まで経ってもマスター出来ない。だからツールの方を細工してチャレンジ、以前ゲルコートを長期保存して使い物にならなくなったしっ。

Dscf1045 Dscf1047

 離型ワックスをかけ、鉄板PVAを塗布。ゲルコートを吹いて、グダグダにしたガラスマットで積層。今回は曲面で構成されているので、ネジ締結部と淵部分のみ2プライとした。

Dscf1056 Dscf1058

 心配していた先っちょ部分に樹脂が浸透し切れず、、、アセトンでゲルコートを希薄したせいか、PVAが溶け混ざっている。とりあえずヂャイ子にあてがい、体裁よくカットする

Dscf1060 Dscf1059

 取り付け穴はネジ穴に棒を突っ込み、その先に木工ボンドを付け転写した。行き当たりバッタリ製法ながら、ほぼミラーと同幅に出来上がったナックルエアロ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

水色と先っちょ欠けの為、このままと言う訳には行かないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

ナックルエアロ-メス型積層の巻

■痒くて臭く面倒なFRP製作だが、比較的マスター作りは楽しい。一削り毎に完成品に近づいて来て、出来上がった気分になるからだ。でも、その後のメス型作りに失敗して、激しく凹む日々も有ったりする、、、。

Dscf1025 Dscf1030

 プラサフが硬化して久しいある日、水研ぎを行った。そして離型ワックスで磨き上げるとめでたくマスター完成となる。

Dscf1031 Dscf1033

 更にPVAを塗布し、FRPを積層して行く。今回は#30サーフェースマット後、#450マットを2層重ねた。マットは良く揉んで、繊維をグダグダにしておくのがキモである。

Dscf1037 Dscf1038

 本来なら型を分割した方が良いのだが、面倒なので一体物にした為、離型にてこずる。案の定一部メス型は裂けたが、このままでも製品は製作出来そうだ。役目を終えたマスターと、メス型を並べてみた。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

製品でゲルコート使うかどうか悩み中、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

ナックルエアロ-マスタ整形の巻

■FRP製作物のナックルエアロシリーズ、少しづつながら進展している。強烈な匂いとチクチクカユカユでなかなか腰が上がらないのだ

Dscf0172 Dscf0174

 ナックルエアロ完成の暁には、小型のミラーを中に忍ばせようと企んでいる。そうなるとノーマルミラーは撤去となるので、その辺りのカバーも作る事にした

Dscf0175 Dscf0188

 ガムテで適当にバミッて、油粘度でチョイチョイして積層。離型剤も要らず超お手軽だが、その分パテ盛り整形に苦労するのだ。

Dscf0192 Dscf0503

 この辺りは昨年の暮れ頃の作業で、ストーブを使って硬化を促している。そんなこんなでマスターのカタチが整って来たので、プラサフを吹いて仕上げにかかる

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

何も進捗が悪いのは今回だけではナイのだが、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

グズッていたヂャイ子が!

■このトコロ走行中のエンストで、すっかり抱き付き癖がついてしまったヂャイ子である。にも関わらず、福井の仏車のイベントにノコノコとヂャイ子で行き(往復で約100km)、またしてもエンコ、、、

Dscf0988

 芦原温泉の創作の森美術館で開催されているFTP(フレンチ・トースト・ピクニック)、この記事は後日UPしようと思う。

Dscf0997_2

 会場まであと10km弱と言う所でパワーが無くなって来たらと思ったら、いきなりエンジンストップ。このトラブルには慣れてしまって、しばらく放置後なんとかエンジンを掛ける。復帰後は全然パワーが無く、信号待ちではスロットルを煽っていないと止まってしまう。

Dscf1011

 そんなんでだましだまし帰宅したが、その後どうしても連続運転しなくなった。どうしてもプラグがカブってしまうのだ。ブラッシングするのも面倒になったので、元々付いていたノーマルプラグ(NGK-BR8HSA)に戻したら快調?

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

イリジウムは安定性ではノーマルにはかなわないらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

家を出て数十mでエンスト?

最近焼き付き気味のヂャイ子だが、ある朝会社に行こうと家をでたら、数件先でエンスト、、、。すぐにゴン太に乗り換えたので遅刻は免れ、変に遠くまで行って居なくて助かった。

Dscf0745 Dscf0746

 症状からしてどうも薄そうなので、MJをノーマル#72から#75に上げようとしたら既に交換済みだった。SJも外しチェックするも、詰まりは無く綺麗なモノである。だがSJの付いてた穴を清掃すると、繊維状のゴミが出てきて、これが原因と思われる。

Dscf0747 Dscf0748

 さぞかしプラグは焼けているだろうと見てみると、画像左の通りグジュグジュ。考えるに、パワーが無くスロットル開け気味→オイルは開度に比例して流入→混合比がオイル過多となりぐじゅぐじゅ。これではマトモに始動しそうに無いので、キッチンのガス台にて焼き、ブラッシングして清掃した。

Dscf0749 Dscf0750

 購入時は20000km弱の現在26000kmで、いつ換えたか分からないエアフィルターも新品に交換した

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

バアァァーと苦しげだったエンジン音は、ビイィ~ンと軽やかになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

高いオイル入れてたのに…

■朝晩はまだちょと寒いが、そんな時の為のキャノピーなのだ。せっかく作ったなんちゃってヒーターを、今使わないで何時使う?と言う訳だ。そんなある日私は仕事で粟津に行った。利用したバイパスは加賀へと続く道で、山の中を通っておりアップダウンに繰り返しだ。

Dscf0598

 ゆるい坂だとシフトダウンが行われずエンジンの負荷が増大する。オイルのグレードも上げ、流量もノーマルに戻した事も有り、エンジンは苦しがっていたがスロットルを開け続けた。そしたら突然のエンジンストップ。ロックまではしなかったので、軽い抱きつきと思われる。これまでの経験では、冷えれば再始動できた。なのでエンジンが冷えるまでと、縁石の上で昼寝してたら「大丈夫か?」と声を掛けられた。何でも人が倒れているので心配になり、引き返してくれたと言う。

Dscf0596

 通り道にMINIを購入した激安中古車屋がある。1.3のバッジが付いていたので、’91、2頃のATのMayfairが驚愕のワンコイン¥500也。登録諸経費で儲けると言う事だろうが、ここの整備はダメダメなのだ。

Dscf0592

 昭和43年製コロナDXは¥19万8000。見た目は43年も昔の車のわりには良いコンディションであった。これが510ブルだったら、衝動買いしてしまうかも知れない、アンチTOYOTA派で助かった。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

ご心配をお掛けいたしました、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

泣かせてしまった、、、

■ご無沙汰のヂャイ子であるが、泣かせてしまった。ナックルエアロの製作の為、ガレージに入れようとした際、後輪が雪まみれであった。そこでホイルスピンをかまして雪を飛ばそうとしたのだが、フルブレーキを掛けていた前輪が滑り壁と喧嘩、、、。

Dscf0495

 そんでコケてもいないのに、フロントカウル割れた。ヘッドライトから涙がつたい落ちているようで様で悲し気なのだ(それは私の気持ちなのであるが、、、)。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

後輪雪まみれってコトは前輪も、そら滑るわなっ!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧