2013年12月26日 (木)

最強?リヤカーZOOK

■少し前にただの原付に成り下がったZOOKだが、ミニマムトランスポーターの魅力に取り付かれた私はウエポンを用意していた

Dscf0814

 例の水場にこんにちわ、今回もタップリお水を頂戴していきますよん。

Dscf0816

 私が着いた時には一人しか先客が居なかった。蛇口と言うか、実際には竜の口から吹き出して来るその数は3。一足遅かったら30分は帰るのが遅くなりそうであった。

Dscf0815

 それではさようなら、原付のリヤカーの最大積載量は120kgであるので、ポリタンク3缶だとその半分程度。しかし、軽量&非力のZOOKではこのあたりが限界

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

3つの首を持つ竜と言えば、円谷プロのキングギドラを思い出す昭和世代。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

ただの原付に成り下がる

■寒くなって来てMINIが不調だ。症状はバッテリー上がり?でエンジンに火が入らないのだ。で、生命体Mの足としてZOOKが起用される事となったのだが、ご覧の通りサイドカーが付いている。

Dscf0742

 試しに町内を一周して来いと乗らせたのだが、帰って来た一声目が「無理っ!」。補助輪付き自転車に乗っている感覚はやはり乗り辛いらしい。

Dscf0743

 仕方ないので舟部分を取り外す。ZOOKとはエンジンハンガーのボルトとフレームへのUボルトの2本で止まっているだけ。

Dscf0744

 と言う訳で、ただの原付に成り下がったZOOK。サイドカーの定義どおり、舟を外したら2輪車としてキチンと機能するのである。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

翌日にはMINIは直ってしまうのだが、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

車軸直した!

■以前は 横綱プーリーを組み付けた(カテゴリーGYRO)が、人気記事ランキングで不動の1位だった。しかし、このところその座を ホンダ ZOOK-01 に奪われた。はい、そのZOOKネタっす!。

Dscf0546 Dscf0547

 外れたナット部分、今回はカエリを取ってシッカリ溶接した。フェンダー内側はタイヤがこすれ、木部が露出した為、シャシーコートを吹き付ける。

Dscf0548 Dscf0550

 位置あわせにとボルトをねじ込んだまま溶接したら、ボルトが抜けなくなってしまった。こうなるとCRCを吹きつつ、回しては戻しを繰り返しながら少しづつ抜くしかない。

Dscf0551 Dscf0552

 齧って破損したねじ山を三角やすりで整えてナントカなった。黒く塗装して復旧。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

早速翌日水汲みリベンジした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

車軸もげた、、、

■最初乗り辛いなぁと思ってたZOOKサイドカーだが、左折の時だけ我慢して速度を落とせば便利な乗り物である。重量物に関してはヂャイ子より優れていて、お陰で不動のヂャイ子を直す気力が沸かない

Dscf0540 Dscf0543

 と言う訳で調子に乗って水を汲みに行った。そしたら帰り道で急減速。車軸焼き付いたかと思ったら、鬼キャンが付いていた

Dscf0542 Dscf0541

 鋼管にナットを溶接し、そこに車軸をネジ留めしているのだが、そのナットが外れた。つまり車軸ごともげた。家まであと20分はかかる所だったので、押して行く訳にも行かず、、、。

Dscf0544 Dscf0545

 仕方ないので汲んだ水は廃棄し、左のサイドカーを浮かせ2輪走行で帰って来た。帰宅早々患部を外しているところ、出来れば明日ZOOKを使いたいのだ

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

ちょっと見曲乗りだが、運転はさして難しく無い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

サイドカーで水汲みに行く

■少し前にR/Cヒコーキ積んで、サイドカーの本領発揮って記事にしたけど、御免なさい、サイドカーなめてました

Dscf0161 Dscf0165

 お盆休みに東京の母が遊びに来たんだけど、近年東京の水が美味しいらしい。ちょっと検索すると半分ジョークなんだろうが、TOKYO-WATORとしてペットボトルで売られている

Dscf0162 Dscf0170

 ここ数年行って居なかったが、車で20分くらいの所に霊水が有る。そこの水を味わってもらうべくZOOKで汲みに行った。法定速度の30Km/hでも30分ほどだ。

Dscf0166 Dscf0175

 サイドカーはポリタンク3缶と4Lペットボトル1本を無事持ち帰る事が出来た。登り坂でも30km/hをキープできる。車だと積載物よりはるかに重い車体に移動エネルギーを使う事になる。これでいいのだ!。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

そんな話をしておきながら、母はミネラルウォーターを箱買いしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

久々にR/C水上機飛ばした

■少し前に安全協会の仕事をしている事を書いたが、そのメンバーの中に昔同じR/Cクラブで飛ばしていた知人が居る。

Img_0500

 「水上機ならクラブ会費も要らないし、散歩がてら観においでよ」と誘われた。それならと10年ぶりに充電すると、無線機は動作した。しかし、色んなデーターは消えてしまっていて、マニュアルを引っ張り出し設定し直す(操作方法も忘れている)。

Dscf0081

 この飛行艇は2000年にR/C雑誌の設計図から作った物で、元々は電動であったのを、OSの25FPに変更してある。Vテールであるが、ナイフエッジ系もこなしナカナカ良く飛ぶ

Img_0501

 最初に飛ばしに行った所は車で桟橋まで行く事が出来ない(駐車しておけない)ので、ZOOKに積載して行ったサイドカーの本領発揮である。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

久々のフライトであったが、難無く操縦出来た。自転車と同じで体が覚えているものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

ZOOKリヤカー計画-07

■リヤカーを引くと後ろからZOOKの灯火類が見え辛くなる。荷物を積まなければ見えるが、それでは本末転倒で、荷物が有るからリヤカーを引くのだ。原付で牽引できるリヤカーは特例で、軽車両扱い(自転車なんかと同じ)である。よってナンバーは無いし、自照式の灯火類の設置義務も無い(反射板は付ける必要ありげ)。

Dscf1488 Dscf1489

 法定速度が25km/hと低い事もあり、特に追突事故は御免こうむりたい。そこで百均ショップで手に入れていたLEDランプをベースに、テールランプを作った

Dscf1490 Dscf1492

 レンズは無色透明の物を用い、全体を赤フィルムで覆った後、ナンバーを照らす部分のフィルムを剥がした。もしかしてナンバーのコピーが偽造にあたるかも知れないが、、、。

Dscf1497 Dscf1550

 牽引車との配線接続はサイドカーの時と同じコネクターを使っている。この為、サイドカー ←→ 単車 ←→ リヤカー牽引のコンバージョンは容易に行える。使い勝手を考えると、普段は単車で、積載が欲しい時にリヤカー接続か?。正直サイドカーは乗り辛いし、幅も取るのでカッコだけなのだ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

ターンランプまでは装備しなかったが、これは軽車両なので~以下同文。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

ZOOKリヤカー計画-06

チャッチャとやってきて、荷台よりムダに食み出したフェンダーが気になりだした。積載能力と言う事であれば、車幅いっぱいまでの荷台とするのが良いのであるが、旧いアメリカンピックアップの様な雰囲気にしてみるのもイイ。

Dscf1411 Dscf1412

 そこで木の角棒を荷台の淵に巻いて、そこにロープを掛けるフックを付ける事にした。リジットサスの為、不意にギャップを踏んでしまった時に、荷物を落下させてる心配が有ったのだ。

Dscf1413 Dscf1422

 溝掘って、臍組んで、オイルフィニッシュして、フック打ち込んでと、ここに来て欲が出て少し凝ってしまった

Dscf1423 Dscf1425

 固定には4本のネジを使っているが、ご覧の様に組み合わせた臍の抜け止めで、荷台へは溝でガッチリ挟み込んでいる。押入れに入れて使うPPケースがジャストフィットで、フックを使えば3段くらいまでスタックできそうである。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

荷物を積むと、ナンバーや灯火類が後ろから見えないなぁ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月31日 (月)

ZOOKリヤカー計画-05

■前記事の最後に一句詠んだ訳だが、今回もその手法でやって行く。あれこれ考えずちゃっちゃとするのが、時間短縮の肝である。 

Dscf1381 Dscf1382

 FRPは当然ゲルコート処理なんてしていない。機能的には無塗装でも問題無いのだが、缶スプレーでシュッシュと塗るだけならたいして手間は掛からない

Dscf1386 Dscf1387

 本来なら、ピンホールなんかをパテ埋めして、プラサフ吹いて水研ぎである。でも画像で見る限り、その辺の違いなど全く分からない。だがイキナリ赤を塗ってもなかなかキレイに発色しないので、銀→白→赤と吹いている

Dscf1388 Dscf1393

 下地からクリアコートまですると3日はかかる塗装が手抜きだとわずか30分、正直想像以上の仕上がりに驚いている。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

荷台幅に対してフェンダーが張り出し過ぎの様なので、ナントカしてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

ZOOKリヤカー計画-04

チャッチャと作ったフェンダーだが、結果から言うとボツにした。こんなモンかぁ?とロクに寸法も確認せず購入した型用のPPボールが小さ過ぎたのだ

Dscf1162 Dscf1165

 手を抜いた事で余計な手間が増えた訳だが、作り直してもまだ手抜き作業の方が時間がかからない。硬化剤の配分量なんかもテキトーなので、硬化時に発熱して変形している。

Dscf1376 Dscf1385

 その辺に転がっていたL字状の金具に平鉄を溶接してフェンダーブラケットを作る。ウイールは見てくれに大きく影響するので白くペイント、タイヤもワックスを掛ける。

Dscf1377 Dscf1379

 牽引車との接続部品はざっと錆を落とし、余っていたシャシーブラックで塗装する。ぶら下げる箱やシャシーにしたアングル材も同様に塗装した。 

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

「塗るだけで 手抜き感は ぐっと減る」一句。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧