2007年11月 3日 (土)

野営!いこい広場山頂?

■まだUPしてマセンがカナーリ沢山アルコールストーブを作ってまス。で、作ったら使いたくナルのが心情ってモンで、、、。

Dscf3088 Dscf3090

 この夜はホトンド無風、野菜ソテーして目玉焼きも作って。さすがにテント内で油物はねぇ、、、。ペプシ缶ではパワーあり過ぎだったんでデチューンしたの作ったんダケどそれでもまだパワフル(難)。

Dscf3094 Dscf3096

 この日はガスランタン使ったんデスが、ミスマッチですよねぇ。← だったらストーブもガスぢゃんみたいな、、、(汗)。小高い丘の上に設営、下からは死角になって見えまセン(隠)

Dscf3099 Dscf3101

 こんなカンジ。キャノピー(ひさし部分)は後で追加してマス。ドームテントは出入り口が斜め上に開くため雨降ると悲しいコトになりマスんで、、、(濡)。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

これ位の装備ならZOOKでOK。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

会社、辞めちまいマシタ!

■今回はグチ特集!。読んでてアマリ気持ちのイイ内容ではアリマセヌ気分を害しそうなアナタ!、読み飛ばしてっておくんなせぇっ(江戸弁のツモリ)。

Dscf2220

 さて退職と云えば送別会!。この半年の間にコ○テック卒業した人11人。日本本社勤務って50人程なんで2割の方がご卒業。コノ宴内で辞めた人2人、5末で辞める人2人。他にも退職願い出してる進行系の人何人か、、、。コンナに人の出入りが激しいのはサスガに初めてデスなぁ。トップはついてこれるヤツだけが残ればイイと云った考え方なんで 、人を育てよう!と云う気が全く無し、来月からならまだしも「今月から20%カットね」なんて支払いの間際になって平気で言うし、立て替え出張費の清算(14万程)も踏み倒されようとしてマス。昨年末に退職願い出し、条件飲むから残ってくれと云うもんで一度は思い直したんデスがね。その条件もなし崩し的にないがしろ。そんなトコロに残って誰が頑張ろうと思います?。

Dscf2243

 手続き上は5末で退社なんデスが、有給休暇が残ってまして今日が最後の出社日となりマシタ社員で作ったバンド?メンバーもホトンド退職。ウクレレ明日香ちゃんや業務アシストしてくれてた希世乃ちゃんからお別れプレゼントもらったり。← 結構ペプシマン人気者!。泣かれちゃったり?で、、、まぁちょくちょくアチコチで演ってるんで見に来てクダサイなっ。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

とりあえず今はスガスガシイ気分デス。← 次の仕事もコレから探すと言うのに、、、

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年9月16日 (土)

宴会・・・

■それは研修旅行の出来事だった・・・。この金土、上高地→下呂温泉→飛騨高山と旅して来ました。研修とは名ばかりの「慰安旅行」と云うヤツです。

Dscf1439

 上高地デス。安房峠は何回も通ったコトがあったんデスが、上高地は初めて行きましタ。・・・感動です!。行楽地?に行って、今までゴミを見なかった事が有りませんデシタ。美しい景色も、ペットボトルの空き容器で興ざめですよね。

Dscf1444

 宿泊した下呂温泉のホテルです。エレベーターに乗ってビックリ!、斜めに動くんですヨ。山の斜面に建てられてて全然温泉宿っぽくナイ作りデシタ。画像はエレベーター?と平行につづく階段。

Dscf1451

 社員旅行と云えば宴会芸デス。カラオケタイムとなり、運良く?私への指名が参りました(新人から始まり、唄った人が次を指名する制度)。今回、密かにウクレレを持参しましタ。ギターだと唄う気満々で引かれそうだしねぇ。ウクレレはバックの中に入れて来れるんで、ちぃとばかし練習したんデス。でもイキナリ「願い」はなぁ・・・で、もしアンコールが来たらやろうと決めてまシタ。まづは長○剛のナンバーをブルースハープとウクレレで!。そしたらアンコールキタ-----(゚∀゚)-----!。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

サスガに宴会ライブの収録はデキマセンでしたが・・・、こんなカンジでした!。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

ウクレレを作ろう!-33

「CRANE」と云うHPを見つけ、ウクレレを作ってミタイなぁと思った「お気楽・極楽」というサイトでスゲー「あわび」細工に衝撃を受けた。途中、失敗を繰り返し妥協したトコロも有った。ウクレレを自分で作っていく(キットだったケド)過程で色々なサイトを見つけ、「ウクレレ、深いぢゃん!」なんて思った。

Dscf0867

 2006・04・13にネットで注文してから、2月程を費やし一通り完成!。楽器なんだから、コレからの付き合いの方が遙かに長くなるであろう「MYウクレレ」。キズが付かないウチに画像を残しておきまシタ!。

Dscf0870

 「PEPSI」ファンとしては外せなかったヘッドのインレイ。マークとしては余りパッとしませんデシタ・・・。もっとトゲトゲしい物の方が高級感が出たんでショウねぇ。まぁ世界に1本と云うコトで。

Dscf0869

 背中デス。照明がレフ球とハロゲンランプなんで全体的に赤っぽくなってマス。実際は「茶色」というか「黄土色」というか、「木!」と云う色デス。夕暮れ時に「オレンジフィルター」かけるテクも有る位ですので・・・。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

実はもう「キズもん」デス。バックに「ぎぎー」っと(悲)・・・。傷は男の勲章ぢゃいーっ!。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

ウクレレを作ろう!-32

■さてサウンドホールを小さめに作っていたこのウクレレ。最終仕上げの共鳴周波数の調整をオコナイまする。

Dscf0940

 参考にしたのは「H.M.Ukulele」のホームページの「ウクレレ研究室」と云うコンテンツ。ココで紹介されている「WaveSpectra」っちゅうスペクトラムアナライザーソフトで計測。ブリッヂを指でコンコン叩くと、出てまいりました最低共振周波数247.6Hz!。

Dscf0941

 ウクレレの最低音である3弦C音は「261.63Hz」。このアタリに共振周波数を持って来る為、サウンドホールの径を大きくしてイキます。

Uku45up 

 φ42から計測しながら、序々に広げていくとφ45でホボ希望周波数に。キットの状態ではφ47だったんでこの「いぢり」は効果があったのではと・・・。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

広げる前の音を録って比較しよう、と思ってたんダケド忘れてました(悲)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

ウクレレを作ろう!-31

■前回で一応カタチにナリマタ。今回は音を出し、気になったトコロを調整してイキマス。まづは「オクターブチューニング」。このウクレレは「ソプラノ」タイプで弦長は約348mm、だいたいギターの12F以降と云うコトになりマス 。フレット間隔が狭いので、1、2mmの差が結構効いて来るんですなぁ。

Dscf0885

 チューナーで各弦の「開放」と「12F」を計測。1弦より(低)(高)(高)(低)だったんで、各弦長さが(短)(長)(長)(短)気味になる様サドルを削りマス。

Dscf0887

 ま、だいたいこんなカンジ。「カマカ」等の高級ウクレレでも「サドル」一直線のモノが多い様デス。チューニングを突き詰めた「MTS」なんてのもアリマスが「脱力」「癒し系」のウクレレ、細かいコトは気にしないのが王道なんですかねぇ。

Dscf0904

  あと弦が「ビビリ」気味、弱く弾くとOKなんでスよ。原因はスグ解りまシタそれは「ナット」。低すぎるデスわコレ、キットのまま何の加工もしてないだけど・・・。厚紙一枚かまして解決!。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

午前中は「歯医者」だったんで、これから飯食って休日出勤・・・(疲)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

ウクレレを作ろう!-30

■お待たせしましタ。最近「激忙」で日22:00月23:00火28:30水27:00とてもblog更新できる状態では・・・。先週も27:00まで仕事なんて日が有ったなぁ(辛)。

Dscf0850

 さて「弦」張りでス。キットに付属のサドルは「ローズウッド(多分)」製。ブリッヂにはめ込むと少しグラつきました。紙を間にはさんでサドルを傷つけない様に余分を切り取りマス。

Dscf0849

 ペグもキットに添付されてたモンでス。ギヤの無いダイレクトタイプ。クラシックギターを持っていない頃は、コンナんで調弦できんの?なんて思ってまシタ。ナイロン弦は良く伸びるんで巻き取り角度が大きいんですヨ。よってギヤダウンしなくても調弦可能と。小さなクランプでヘッドに「圧入」イタシます。

Dscf0871

 チューナーのモード「ギター」では3弦の「C」の音が無いんで「ベース」を使用。全弦ともオクターブ調整が必要だったデス。まぁ僅かなモノでしたんで、弦が伸び安定するまでは「このまま」にしときマス。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

比較対象ナイんで「いい音」なのか???。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月27日 (土)

ウクレレを作ろう!-29

■今回で完成!、とさせたかったんデスが、ブリッヂ部の「塗装膜」の厚さ気になりマス。で、もう少し「水磨ぎ」をスル事に・・・。

Dscf0846

 ネックもブリッヂも付けてしまったんでマスキングします。耐水ペーパーは両面テープで「ケシゴム」に貼付け「ごしごしごし」。

Dscf0847

 あ~あ、マタ削り過ぎてしまいマシタ・・・。全く懲りないと言うか、学習能力がナイと言うか。全面塗るのは面倒にナリ、木肌が出たトコだけ小筆でタッチアップ。

Dscf0848

 コンパウンドかけてる図デス。もう3回目、ウクレレ3本作った気がしてきたなぁ。実は裏板側、塗装膜が極端に薄くナリ木目が出気味。裏だし、もう疲れた(塗装に)のでコレで良しとしマス(諦)。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

次回こそ「完成」させましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

ウクレレを作ろう!-28

■いよいよ「ブリッヂ」の接着デス。オクターブピッチが合うも合わぬも、コイツの取付位置で決まってしまいマス。ナットから12Fまでの寸法が173.5mm。単純には2倍の347mmがサドル位置とナリます。でも弦を押えた時の張力や弦の剛性でナットやサドル付近は振動しない為、2mm程長い349mmアタリが良いそうな・・・。

Dscf0843

 サドルの幅が2mmあるんで、サドル中心で349mmになる様にしましタ。±1mmはサドルの削り具合で調整する予定デス。

Dscf0844

 ブリッヂ付近は結構「塗装膜」が厚かったデス。サンディングってどうしても端々が削れ気味になるんデスよねぇ~。ブリッヂ側の穴は「木ネジ」用。キットの指定は表板にネジ止め(モチロン接着剤も使用)なんデス。なんでも「PL法」対策とか・・・。私は表板を薄く削ってイルんでネジ使っても利きがイマイチですし、「ニカワ」の接着力に賭けるコトにしましタ。

Dscf0845

 ニカワ固まるマデ割箸と輪ゴムで固定。ブリッヂはオイルスティンで着色し「ローズウッド」風にしてアリマス!。はみ出た「ニカワ」は半乾きの時にカッターで除去しときマス。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

次回はツイに弦張り完成かぁ?。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

ウクレレを作ろう!-27

■では「ネック」と「ボディ」を合体させまショウ!。前述の様にボディが歪んでいる為、「ダボ」穴が合いません・・・。まぁ表板を薄く削った時点で穴は合わなくなってたんデスがねっ、まぁ「ニカワ」さんに頑張ってもらいマス。

Dscf0832

 「ネック」を接着する部分は塗装を剥がしマス。「ダボ」不在なんで余計シッカリ付いてもらわにゃナリマセンし!。スクレーパー持ってナイんで、デザインナイフで削りマシた。

Dscf0835

 ヒール部分もボディに合う様にカットしまス。画像では分りづらいんデスが、ヒールキャップも作りましタ。裏側のバインディング幅に合わせ1.2mmのプラ板重ねて整形。

Dscf0837

 めでたく合体!。ネックはレスポールの様に少し角度を付けマシタ。コレは表板のRに合わすのと、ブリッヂのサドルで弦高を調整し易くする為でス。サドル限界まで低くしても弦高が高いと「どーにもナラン」ので保険かけときマシタ。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

よーやく「ウクレレ」のカタチになってキタなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)