2014年1月23日 (木)

オイル交換100860km

■最近10万キロ達成したゴン太だが、忙しくてかまってやれない。本当はタイミングベルトや足回りのラバー類を交換したかったのだ。

Dscf0941

 で、やっとオイルとオイルフィルターの交換を行ったジャッキアップは面倒だったが、今回はフィルターの交換時期だったのだ。ゴン太のフィルターは奥まった所に有ったと記憶していたが、何処なのかまでは忘れていた

Dscf0944

 やおら1000kmほど過走行であるが、普段回しても3000rpmなのでエンジンのストレスは少なめ。通勤で少々渋滞にはまるが、8~10km/Lとこの年式のミニバンとしては走る。

Dscf0945

 前回までは10W-30だったのだが、入手できず10W-40となる。粘度が高くなった分、エンジンの静粛性は良くなった

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

プラグくらいは替えてやりたいなぁ、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

念願のバッテリーレス化!

■年末年始、東京に帰郷していた。最近はネット通販でマニアックな物も手に入るので、上京したからと言って買い漁る事は無くっていた。以前からバッテリーレス化は懸案事項であったのだが、電解コンデンサ1個の為に送料を払ってまで買うのはなぁと先延ばしにしていたのだ。

Dscf0888 Dscf0891_2

 現在のアキバはAKB48ガンダムのカフェが有ったりと変貌してしまったが、元祖アキバ系の私が向かったのはガード下のジャンク屋。ただでさえ激減したこの手の店は正月休みで数店しか営業していなかった

Dscf0909 Dscf0910

 で、手に入れたのがホコリのかぶった日立製10000uF¥300也。帰宅したその日にダメダメのニッカドと交換した。外してビックリしたのは電池の被覆が破れ、ショートした様になっていたのだ。そしてその付近の塗装も剥がれてしまっていた。

Dscf0911 Dscf0914

 コンデンサに替えたら不動だったタコメーターも動作する様になった。ターンランプも問題なく点滅し、テールランプが点滅に合わせて暗くなる事も無かった

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

エンジン止めてもしても2、3秒くらいならインジケーター類は消えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

最強?リヤカーZOOK

■少し前にただの原付に成り下がったZOOKだが、ミニマムトランスポーターの魅力に取り付かれた私はウエポンを用意していた

Dscf0814

 例の水場にこんにちわ、今回もタップリお水を頂戴していきますよん。

Dscf0816

 私が着いた時には一人しか先客が居なかった。蛇口と言うか、実際には竜の口から吹き出して来るその数は3。一足遅かったら30分は帰るのが遅くなりそうであった。

Dscf0815

 それではさようなら、原付のリヤカーの最大積載量は120kgであるので、ポリタンク3缶だとその半分程度。しかし、軽量&非力のZOOKではこのあたりが限界

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

3つの首を持つ竜と言えば、円谷プロのキングギドラを思い出す昭和世代。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

ゴン太100000km達成!

■ついにと言うか、やっと10万キロ走行したゴン太。前世紀’97に新車購入して16年目にしての大台突入。平均年間6250km、20万キロを目標にしてるんで、単純計算するとその頃私は70歳弱。まぁ生きていればの話だが、、、。

Img_0589

 死ぬまでに乗りたい車に2CVが有るけど、ゴン太乗り潰した頃には手に入らないだろうなぁ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

さすが日本車、さしてトラブルも無く同年式のMINIとは大違い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

ただの原付に成り下がる

■寒くなって来てMINIが不調だ。症状はバッテリー上がり?でエンジンに火が入らないのだ。で、生命体Mの足としてZOOKが起用される事となったのだが、ご覧の通りサイドカーが付いている。

Dscf0742

 試しに町内を一周して来いと乗らせたのだが、帰って来た一声目が「無理っ!」。補助輪付き自転車に乗っている感覚はやはり乗り辛いらしい。

Dscf0743

 仕方ないので舟部分を取り外す。ZOOKとはエンジンハンガーのボルトとフレームへのUボルトの2本で止まっているだけ。

Dscf0744

 と言う訳で、ただの原付に成り下がったZOOK。サイドカーの定義どおり、舟を外したら2輪車としてキチンと機能するのである。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

翌日にはMINIは直ってしまうのだが、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

車軸直した!

■以前は 横綱プーリーを組み付けた(カテゴリーGYRO)が、人気記事ランキングで不動の1位だった。しかし、このところその座を ホンダ ZOOK-01 に奪われた。はい、そのZOOKネタっす!。

Dscf0546 Dscf0547

 外れたナット部分、今回はカエリを取ってシッカリ溶接した。フェンダー内側はタイヤがこすれ、木部が露出した為、シャシーコートを吹き付ける。

Dscf0548 Dscf0550

 位置あわせにとボルトをねじ込んだまま溶接したら、ボルトが抜けなくなってしまった。こうなるとCRCを吹きつつ、回しては戻しを繰り返しながら少しづつ抜くしかない。

Dscf0551 Dscf0552

 齧って破損したねじ山を三角やすりで整えてナントカなった。黒く塗装して復旧。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

早速翌日水汲みリベンジした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 7日 (木)

車軸もげた、、、

■最初乗り辛いなぁと思ってたZOOKサイドカーだが、左折の時だけ我慢して速度を落とせば便利な乗り物である。重量物に関してはヂャイ子より優れていて、お陰で不動のヂャイ子を直す気力が沸かない

Dscf0540 Dscf0543

 と言う訳で調子に乗って水を汲みに行った。そしたら帰り道で急減速。車軸焼き付いたかと思ったら、鬼キャンが付いていた

Dscf0542 Dscf0541

 鋼管にナットを溶接し、そこに車軸をネジ留めしているのだが、そのナットが外れた。つまり車軸ごともげた。家まであと20分はかかる所だったので、押して行く訳にも行かず、、、。

Dscf0544 Dscf0545

 仕方ないので汲んだ水は廃棄し、左のサイドカーを浮かせ2輪走行で帰って来た。帰宅早々患部を外しているところ、出来れば明日ZOOKを使いたいのだ

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

ちょっと見曲乗りだが、運転はさして難しく無い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

改造ヒーターバルブ加工

末期のMINIはヒーターバルブの設計に無理が有り、困っている人が居てコメントをもらった。一般市販バルブを流用したいのだが、加工屋が見つからないらしい。

Img_0338_2

 バルブのレバーを外し、普通にチャックで挟んだだけ。チャックの反対側のセンターで芯出ししたくらい

Img_0339

 これまた普通のバイトでねじ山が見えなくなるくらいに適当に削った。

Dscf0664

 ホース抜け止めの凹は突っ切りバイトで削った。以前の記事とは別アングルの画像を貼っときます。レバーにM3のタップ立てて、キャップボルトにコントロールワイヤーの丸部分を入れただけ

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

昼休み弁当食った後、5分くらいの作業でした。(私は旋盤工では無いけど)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月31日 (木)

レッカー車まで呼んだけど…

■その日の前日、駐車場の都合でMINIを移動させた時、セルモーターの回りが弱いなぁと思っていた。

Dscf0433

 そしたら翌日、生命体Mはエンジンが掛からなくなったとレッカー(任意保険サービース)を呼んだと言う。レッカー屋もその辺は心得ていてブースターで始動、自走で帰宅となった。

Dscf0434

 こんな事が有るからと事前にブースターの繋ぎ方を学習させておいたのに、、、。で、その後自宅で丸一日充電したら使える様になった。しかし一度フル放電した経歴が有り、これから寒くなるのでバッテリーを交換した。

Dscf0435

 新品で購入すると結構な値段のACデリコだが、再生品なら¥6000ほど。ヂャイ子もデリコの再生品だが、ホムセンの安物新品バッテリーより持ちが良い。ただMINIは端子がヨーロッパ規格の為再生品が無く、カー用品店にて端子を購入、交換した。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

これからは国内規格のバッテリーでOKとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

安物のブッシュ類は駄目だぁ

ドライブシャフトのブーツを Made in Japan のに替えた時ついでだからとその近辺のラバー類を交換した

Dscf2210 Dscf2186

 ところが2年も経たないウチに激劣化した。どこ製かも分からない安物のラバー類を使ったのがダメだった。

Dscf2189 Dscf2191

 で今回、ちゃんとしたMINI屋の強化品または日本製の物に再交換した。メンテの手間を考えるなら、最初からそうしておけば良かったのだ。

Dscf2222 Dscf2223

 最後にアライメント(と言ってもトーくらいしか調整出来ない)出して完了。上画像の様な測り方で1~2mmトーアウトにするのが標準的な数値である。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

安物買いの時失いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧