2013年8月27日 (火)

サイドカーで水汲みに行く

■少し前にR/Cヒコーキ積んで、サイドカーの本領発揮って記事にしたけど、御免なさい、サイドカーなめてました

Dscf0161 Dscf0165

 お盆休みに東京の母が遊びに来たんだけど、近年東京の水が美味しいらしい。ちょっと検索すると半分ジョークなんだろうが、TOKYO-WATORとしてペットボトルで売られている

Dscf0162 Dscf0170

 ここ数年行って居なかったが、車で20分くらいの所に霊水が有る。そこの水を味わってもらうべくZOOKで汲みに行った。法定速度の30Km/hでも30分ほどだ。

Dscf0166 Dscf0175

 サイドカーはポリタンク3缶と4Lペットボトル1本を無事持ち帰る事が出来た。登り坂でも30km/hをキープできる。車だと積載物よりはるかに重い車体に移動エネルギーを使う事になる。これでいいのだ!。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

そんな話をしておきながら、母はミネラルウォーターを箱買いしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

ロケスト業火でチャーハン!

何回か火を熾してしてみてこのミニロケストの事がだいぶ分かって来た。燃料に使っている「梱包材」用のスッカスカな木では、あっと言う間に燃え尽きてしまうのだ。

Dscf1573

 短時間の強力な火に適した料理と言えば、やはり中華鍋を使った物であろう。そこで冷蔵庫内の余り物を使い、チャーハンを作る事にした

Dscf1575

 フルパワーで中華鍋を操る。高火力のうちに調理が終われば私の勝ち、終わらなければロケストの勝ち。そんなルールを勝手に考えながらの調理である。

Dscf1577

 最後に醤油を回し入れた時には、火力はかなり弱くなってしまった。勝負はロケストの勝ちとなり、私はリベンジを誓った

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

ちなみにこの中華鍋はチタン製で非常に軽い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

ロケスト炭火焼極めた!?

■ロケストマニアと行かずとも、ロケストファン程度の方ならお気づきと思う。簡易ロケストでは特に火力の調整と言う物が苦手で、BBQには全く不向きなのだ

Dscf1567_2

 そうは言うものの、いい具合に燻製された食材が手元に有る。暖かな秋の昼下がり、ちょっと炙ってやれば、明るいうちからご機嫌な酒盛りが期待できる。

Dscf1569_2

 ドカンとパンチの有る火力は炭起こしに最適で、あっと言う間に着火した。ロケスト鎮火後も温まった煙突内の上昇流が炭火へ酸素を供給するのだ。

Dscf1570

 つまりBBQ自体はロケスト上に置かれた網の炭火で行う。これでロケストのBBQって言うのは違うんじゃないの?。と突っ込まれたら「ごめんなさい」でいいです

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

でもコレで作った焼きおにぎりは旨いんだぜぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

ロケスト焼きおにぎりウマ!

みなさんはBBQの〆は何を思い浮かべるだろう?、私は焼きおにぎりである。むしろ肉や野菜は単なる過程で、おにぎりを焼く為に炭をおこしてして居ると言っても差し支えない。

Dscf1543

 先日スモークしたソーセージを軽く炙り、酒の肴とする。余り物のキャベツや玉葱は購入したモノだが、ナスやピーマンはまだ収穫が続いているのだ。左下にトリを勤める「おにぎり」が鎮座している。

Dscf1545

 ほろ酔い気分になった頃、炭は程よい置き火状態となる。炎が上がる様では旨い焼きおにぎりを作る事は出来ないのだ。表面を香ばしく仕上げる為、醤油は刷毛で塗るのも拘りで、これに味噌汁と漬物が有れば最高!

Dscf1546

 今回は更にスイーツまでこしらえたサツマイモをアルミホイルで包んで、炭火の横に置いておけば焼き芋の完成だ。バターを溶かし、少々塩を掛けるとシットリ感が増し甘さも引き立つ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

そう雑炊の為の鍋みたいな、アレでもBBQではダシなんか出ないか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

ロケストにテーブル付けた!

■ロケストを実際に使って見て気付いたのだが、外側がホトンド熱くならない。煙突を断熱して、キョウレツな上昇流を作り出すロケストならではの特性である

Dscf1511 Dscf1512

 そんならテッペンの回りにモノが置けるスペースが有ったら、ロケストを囲んでゴキゲンな外飯ライフが送れるではナイか。

Dscf1513 Dscf1514

 そこで余り物を漁ってみると、それこそロケストの燃料にしてしまいそうな1x6材の端材が発掘された。早速私はそれらをコーススレッドでつなぎ、なんちゃてテーブルを完成させた

Dscf1518 Dscf1520

 これはある日の外飯で、豚バラを使ったジンギスカンもどきの画像である。空気取り入れ口をレンガで塞ぎ火力調整を試みるも上手行かない。基本ロケストは業火で、ONかOFFかの極めてデジタルな特性なのだ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

鍋裏の煤の洗浄も面倒である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

ロケットストーブ作った!

ロケットストーブの事は知っていたが、それはベンチを暖められる大掛かりなタイプであった。熱効率が良いとか、長い薪が自動供給されるとか、いぢり心はくすぐられまくりだ

Dscf1501 Dscf1502

 いかんせんデカ過ぎるので手を出せずにいたのだが、ネットサーフィンしてるウチに小型の超お手軽なロケストを発見。芝の排水桝のレンガも外れかかっていたし、家中の余りレンガを集めてみた

Dscf1506 Dscf1508

 そしたら出来ました、ミニロケスト。作ったと言うより、ただ載せてっただけ。半分のレンガが1個要るんだけど、丁度割れたのが有ったので5分も掛からず

Dscf1527 Dscf1528

 ロケストの特徴は、保温された煙突がストロングな上昇流を起こす事。これにより普通は下から上に流れる熱気を下方向に押し出す事も出来、ベンチなどを暖められるのだ。上昇流が強いと言う事は、燃焼に必要な空気も沢山入ってくる。結果完全燃焼され易く、煙も立上げ時に少し出るくらいである。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

せっかくなので収穫したてのサツマイモを焼き芋にしてみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

2012川北花火

■この季節、毎週の様に花火大会が有る。いやむしろ開催日が重なっているトコロすら、、、。

Dscf1178 Dscf1180

 わざわざ会場まで行くと帰りの大渋滞は大変だし、酒も飲めない。なのでもっぱら近所の田んぼ道から遠巻きに花火鑑賞している。

Dscf1190 Dscf1194

 今回はチャリで5分くらいの小高い丘から眺めてみた。木の陰にならないトコロは既に先客が居て、枝の隙間からの鑑賞となったが、カメラの手ぶれ対策には良かった

Dscf1201 Dscf1204

 ご覧頂いている画像では結構大きく見えている様だが安物コンデジズームを目一杯使い、アップロード時に花火の部分だけトリミングしているのだ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

光ってから音が聞こえるまでの時間から、4~5kmは離れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

良い子はマネしないでね!

■2243で燃焼させる上で「空になったカートリッジにLPガスを入れりゃあエエじゃないか」計画は安易過ぎた。思えば2243はカートリッジ直で使うストーブであり、LPGボンベに付いているレギュレータでは「しゅ~」程度まで減圧されているのだ。

Dscf9705 Dscf9707

 2243が期待しているのは「ピシャーッ」なのである。それがどの程度の圧力なのかは良く分からぬが、市販のLPGカートリッジの破壊圧力は「1.5MPa」らしい。

Dscf9708 Dscf9709

 そこで減圧前のガスを取り出そうと継ぎ手を付けたが、減圧機構を破壊してしまったらしく全く減圧出来なくなった。結果オーライ的な事態になった訳だが、安全弁が開いてしまいガスだだ漏れ、、、

Dscf9714 Dscf9710

 ぶっ壊してしまったのでLPGボンベとの接続部を切り取り、それに直接継ぎ手を取り付けた。圧力を測ってみると0.9MPa弱ほどであり、カートリッジの破壊圧力までは余裕が有る。と云いう訳で、直圧でドライブした2243は本来の火力を取り戻した

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

Dscf9748 Dscf9747

 でもやっぱチョット怖いので工業用の減圧器を取り付け、0.4MPaまで圧力を下げカートリッジに供給している。それでも炒め物をするのに不足無い火力を確保している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

LPGボンベを使い切りたい

■秋分の日が過ぎ、肌寒い日が有ったりするこの頃。寝具もタオルケットから布団へと、求めるモノが涼から暖へシフトして来た

Dscf9697 Dscf9698

 そんな訳で突然の「ヲトナの火あそび」再燃である。オールドタイマーと言う旧車雑誌で、廃油を燃料としたストーブを見た。DIYで3台の車のオイル交換をやった時、困るのが廃油処理であるが、それが燃料となりオマケに暖が取れるのだ

Dscf9699 Dscf9702

 廃油ストーブだけにその材料も廃材が使われる事が多く、プロパンガスのボンベは定番となっている。生命体Kの実家から使っていないボンベを貰って来たが、中身が結構入っていた

Dscf9704 Dscf9703

 ボンベには充填期限が63年とあったので、20年以上も放置されて居た模様。大気に放出するのはアレだし、この為だけにコンロを買うのも何なので、名器プリムス2243で燃焼させる事にした。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

だがレギュレータを最高圧力にして全開にしてもトロ火程度にしかならず、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

一里野音楽祭2011

■夏フェスと言うか夏の終わりに毎年、一里野高原スキー場で野外ライブが行われている。

Dscf9617 Dscf9618

 自宅からだと30kmほどで、私はヂャイ子のルーフキャリヤにビーチベットを括り付け走り出した。当日の降水確率は70%と高く、山間部には厚い雲が垂れ込めている。

Dscf9619 Dscf9621_2

 会場まであと数キロと言う所で雨粒が落ちて来る。気温も20度を切って肌寒くなってきてレインウェアをまとう。平野部の陸橋くらいでは60km/hをキープ出来るのだが、坂がきつく20km/hまで速度が落ちること多々。火気使用禁止なので、サンドウィッチを作って持って行った。トウモロコシは7月の初旬に定植したヤツで、採るのが少し早すぎた様である。

Dscf9622 Dscf9623

 夏フェス慣れした人達もちらほら、富士ロックとかにも行っているのだろうか?。今回の大トリは 中村中 であったのだが、その前の →Pia-no-jaC← のステージが凄かった。キーボードを2回押し倒してしまうハプニングもパフォーマンスに変えてしまう。予定外のアンコールでツアーバスの予定時刻が変更になるくらいのイキオイ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

ビーチベットは使わず、小さな折り畳み椅子に傘で雨をしのいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)