2013年1月30日 (水)

フォトエディターの限界

■HS30の撮影画像サイズは3264x2248としていて、フォトエディターではデカ過ぎて開けないBitMapに展開時に32MBを超えると処理出来ないらしいのだが、3264x2248だと24MB以下で、同じ24MBでも2248x3264だと開ける。どうも横サイズで引っ掛かっている様だ。AX250の時は2048x1536で記録していたので問題が起きなかった。

Photoeditor

 仕方ないのでフリーソフトを探してみると、PhotoFiltre7 とか言うのが良さげ。フィルターと謳っているだであって、多くの画像処理が出来るのだが、それよりも簡単な図形が描けたり文字が描き込めるのが便利。またレイヤー分けされていて、お絵かきと画像を個別に編集できるのだ。

Photo_4

 これまではフォトエディターで簡単な画像処理(コントラストや明るさ等)してサイズ変更。その後、注釈などが必要な場合はペイントで行っていた。ペイントでは一度文字を展開してしまうと、画像となってしまい後から編集できなかった

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

フォトエディターは、10年以上前HDD容量が数十GBだった頃の設計、仕方無い?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

HS30、ファイル管理に悩む

FUJIのデジカメを使用するにあたって、かねてからファイル管理に悩んでいた。具体的にはDSCFxxxxの下4桁しか連番が取れず10000を越えるファイルの扱いを考えなくてはならないのだ。

Photo_2

 これまではPCに移動する時にカテゴライズしつつ、ファイル名が被るのでライカFinePix4500FinePix250AXフォルダを分けていた。なのでその流れで「車物HS」みたいにしようと思っていた。ところがHS30は、何やら付属のソフトでPCにデーターを取り込まないとマズげな説明が、、、?。それは「My FinePix studio」と言うファイル管理ソフトで、それで取り込むと日付毎にフォルダが作られる。その中にDSCFxxxxのファイルがコピーされる。まさか同日内に9999枚を超える画像は撮らないだろうと言う思想だ。

 取り込み後に日付毎のフォルダの中から、各カテゴリのフォルダに移動するのは、手間が増えるのでアホくさい。またMy FinePix studioの独自ライブラリ管理が成り立たなくなる問題も有り数週間悩んだ

Finepixstudio

 画像はMy FinePix studioの管理下でカテゴライズする事が出来る。しかしそこからフォトエディターなどのソフトを起動出来ないのだ。My FinePix studio内に簡単な画像処理をするツールは有るのだが、解像度の変更が出来ない。正確には出来るのだが、メール出力しかされず、FUJIのサポートも自分宛にメールを送って下さいというお粗末さ。ハッキリ言って、変なライブラリも作るMy FinePix studioは使い物にならない

 エキスプローラからだと、HS30は外部ストレージに見える。HS30内では日付フォルダ管理されておらず、100_FUJIフォルダの中にDSCFxxxxが昇順でナンバリングされている。9999まで行くと200_FUJIフォルダが作られる仕組み(なんだ、これまでのFinePixと同じ)だ。

Photo

 出来れば変な管理ソフトに頼る事無く、OS標準のツールでナントカしたい。数日アレコレやってみて、画像ファイルにはタグが付いている事に気が付いた。しかもプロパティで編集でき、タグによる表示の並べ替えが出来る

つまり流れはこうだ。

① 画像ファイルをHS30フォルダ下100_FUJIフォルダにコピー(エクスプローラ

② 画像ファイルのタグを編集(プロパティ変更

③ サブフォルダを含む、タグによる分類(フォトギャラリー

④ フォトライブラリからの起動アプリ指定による画像処理(フォトエディター

プロパティは複数のファイルを同時に変更できるので、フォルダ移動の手間とさほど変わらない。

オールOS標準ツールでフォルダ管理も不要に!

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

と思ってたら、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

HS30 お買い得度を検証する

正月の福袋8GBのSDカード付きで¥20000でGETしたフジフィルムHS30EXR、はたして本当にお買い得だったのかを検証してみた。

 本日現在(2012/01/21)アマゾンでは¥22980、価格.comの最安値は¥21499。地元のK’s電気に至っては¥27800、SDカード無しでこの値段なので、だいぶお得した

 しかもキタムラの店舗がイオン内だった為、その領収書を受付に持って行くと商品券を¥800分くれた。しかも福引を4回やれて更に¥400分の割引券が当たった(最低ランク)。8GBのSDカードは店頭¥500程度なので、実質本体のみだと¥18300で手に入れた事になる。2012年2月発売当時は¥50000弱だったHS30EXRが1年しないうちに¥18300、ビバ正月!。

Dscf2107

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

商品券など浮いた分で、レンズフード¥1300弱を買った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

正月なんで福袋買った!

2011年の暮れに買ったコンデジのフォーカスまわりが不調で、なかなかシャッターが切れない不具合が私をイラつかせていた。晩飯当番の為ほぼ毎週イオンに行くのだが、食品売り場までの間にカメラのキタムラが有り、カメラを新調するか悩んでいた。

Dscf2014

 店頭展示品のデジイチっぽいのが気になっていたが、イヂり撮影が主で、汚れた手で雑に使うのに10万円以上なんてとても出せないなぁと諦めていた。あまり近付くと、物欲に負けて買ってしまいそうで、遠目で見ていたのだ。そしたら8GBカード付の福袋が先着3台お値段¥20000、想像価格の1/5である。お約束の開けてのお楽しみと言う掟を破った上、驚愕の予約販売、どこまでワイルドだキタムラ!!。

Dscf2015_2

 HS30EXRは数代続いたHSシリーズの末期モデルの為破格値なのだが、中身が分かっているならと、機能の確認もロクにせず速攻で予約した。四半世紀ほど昔は一眼レフユーザーで、便利だけど痒い所に手が届かないコンデジに「ん~もぅっ」と思っていた私のハートを鷲掴み

Img_0419

 このカメラの立ち位置はコンデジ以上デジイチ未満、レンズの交換も出来ない。デジイチと言えば、望遠レンズ使用時における周りのボケ具合。コレは簡単に言うと映像素子の大きさで決まり、35mmフィルム相当の大きさを持つデジイチはやはり高価だ。で、コレは映像素子が1/2インチとコンデジの高級機なみなのだが、ピンボケの画像を連写し自動合成する事で格安にデジイチ風味が味わえるのだ。小さな映像素子のお陰で35mm換算だと24mm~720mmの手動ズームと、その気になれば絞りやフォーカシングも手動で行える。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

PC的にはカメラと認識される各機器は、USBのコネクター形状が全て違う、、、(iPhoneにて撮影)。

Dscf0016

 収穫期を逃がしたキウイ、これだけ背景がボケれば十分っす!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

結局またFinePixだ

頂きモノのデジカメで長い間画像をUPしていたが、遂にFinePix4500もお亡くなりになったライカ(中身はFinePix1700Z?)→FinePix4500とフジを使って来て次をまたフジにするとFILE名が心配であった。と言うのも自動で付くファイル名はDSCFxxxxと連番が4桁しか無く、最後の画像はDSCF9756と後が無いのだ

Img_0312

 上画像はiPhoneで撮影したがそのファイル名はIMG_0312、CanonもIMG_xxxxと4桁である。最近は記録媒体が安く、個人でも10万枚連番が必要に思う。その点初めて買ったSonyのサイバーショットはDSCxxxxxと5桁で、先見していたなぁ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

 さて購入に当たって私の拘りは乾電池駆動である事。補修部品でバッテリを交換すると結構イイ値段だし、サポートが打ち切られる可能性が有るからだ。イオンのキタムラでAV250(1600万画素、工学x3)が¥6000であったが、同じ筐体と思われるAX250(1400万画素、工学x5)がネットで¥6780。正直画素数は300万も有れば十分なので、ズーム倍率が多いAX250を購入、代引き手数料¥300の計¥7080也。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

あいふぉーん四

■iPhoneが4台で iPhone-4 、なんちて。ガキ共がケータイから iPhone-4 に乗り換えた。学生キャンペーンで1万円の商品券が貰えると言う。

Dscf9605


 新らしいだけあって画面はキレイだし速いし、でも持った感じは背面がラウンドしている3の方がしっくり来る。3GSには IOS-4 をインストールしてあるのだが、一部作法が異なる様だ

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

我々は 3GS の続投である。ドックとかも作ったし・・・コッチは4でも使えたが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

無線LANの親機を貰った

■義妹夫妻からBUFFALOの無線LAN親機を貰った。光回線に変更した折りに新たな無線LAN親機を購入、そのセットアップをした褒美?にGETしたのだ。2006年に購入したのだが上手くつなげる事が出来ず、結局有線でブロードバンドモデムに接続していたと言う。

Dscf9187

 だからモノ自体はほぼ新品だ。しかし本体とアンテナ、セットアップシートの一枚ペラ以外は無く、ナントカせねばならない。まず電源であるがセンタープラスの3.3V/1A、手持ちの中ではFUJIのコンデジの電源アダプタ3.0V/1.5Aで使えそうである。コンデジはNiMHで使用しているので、遊んでいるこの電源アダプタのコネクタを付け替えた

Dscf9197

 BUFFALOのサイトから最新のドライバやらマニュアルをダウンロードする。以前どうやっても無線LANに繋がらなくなったノートPCであるが、ダメモトで接続を試みる。結果としてはUSBタイプの方が接続となった。2つしかない貴重なUSB2.0ポートだが、PCIカードタイプの方はデバイスドライバーが上手く入らないのだ。USBタイプは同じBUFFALO製で、同社のAOSS接続と言う「親機/子機」のボタン押下のみで接続完了。アホみたいな簡単さであった。

Dscf9198

 嬉しくなった私は、iPhoneのWiFi接続も試みたBUFFALOのサイトでの接続方法でやってみたら一発で接続となった。しかし親機から読み出した95桁にも及ぶ暗号キーをiPhoneに手入力するのは骨であった。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

しかも2台分も、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

成人式で急遽コンデジ購入

■生命体Mは私の中では平二(へいじ)なのであるが、戸籍上は雌登記である。そんなヤツが製造後20年を経て、わが国の慣習により成人式出席と相成った。

 普段もソコソコ盛っているのだが、この日ばかりは盛るわ着るわ巻くわのフルオプション状態。同級生達も同様にフル装備して来るので、その勇士を収めようと私のコンデジを貸せと言う。

 貸すのは吝かでは無いのだが、老朽化したのをだましだまし使っているのでイザと言う時に役に立たない可能性大なのだ。

 式前日になってそんな話をするもんだから、ぢゃあジャコス(イオン)で買うかと店内のキタムラカメラに向かった。実はデジカメに限れば、家電量販店より安かったりするのだ。

 期間セール中のFinePixF80EXR(光学10倍)が取り寄せだったので次点のIXY200Fとなった。色はピンクしか無かったが4GのSDやポーチ、デジプリクーポン等の福袋で¥10000成

Dscf9161

 デジモノ10年の進化は著しい。単純に計算すると画素数6倍x価格1/6=スゲー度36となるのだ。その他手ブレとか顔認識とか近年のテクノロジーが盛り込まれている。光学4倍ズームなのだが、今のコンデジ(SXGA)程度の画素数ならデジタル領域の10倍まで画質の劣化が無い

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

だが生命体Mのバックに入ったままで、出て来そうに無い、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

蘇れFinePix4500!

いただき物の古いコンデジであるが、ツボを押さえた作りで今だ現役で活躍している。どんな具合に押さえているかと言うと、まづこの頃からUSB接続が可能となった。メモリがスマートメディアと過去の物であるが、外部記憶デバイスとしてPCへのデーター転送が出来る。それからバッテリーが単三電池であると言うこと。専用電池ではとうに補修部品も無いが、最近のニッケル水素電池は容量が2000mA以上も有り、安価である。

Img_0260

 発売以来10年を経過し、さすがにアチコチ壊れてくる。1年ほど前にプラスチックのメインスイッチが折れ、アクリル板から削り出して交換した。そして今回セレクトスイッチが利かなくなったのだ。このスイッチが利かないと、電池交換の度に設定が必要になってきた日付設定が出来ないばかりで無く、頻繁に利用しているマクロ撮影設定が出来なくなるのだ。バラしてみると、基板スイッチ部の金属片(精密ドライバ先端)が脱落していた。接点に付着せぬ様、ゴム系接着剤で貼付け祝復活である。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

ファイル名がDSCF9000番台に入ってきており、そろそろ限界か、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

旅先でキャッチセールスに遭う

■盆休みにファミリーで京都に行って来た。古都を訪れたと言うのに、生命体Kのお目当てはビッグカメラである。以前東京の同店に行った時のポイントが2千ほど残っており、その消化にカナル型ヘッドホンを購入しようと言うのだ。

 自転車の前輪の餌食となった前カナル型ヘッドホンと同じモデルは有った。が、試聴の末ダイアフラムの大きいコイツをGET、キャッチセールスに遭う15分程前の事である。

Dscf8657

 Docomo、au、SoftoBankが軒を連ねた1F携帯電話売り場、「やわらか銀行」の一人勝ち感漂う中、生命体Kが「あう~」のネェちゃんに捕まった。最近au使いの女と付き合いだしたばかりなので、通話料がハンパねぇ事になっているのだ。「やわらか銀行」に何としてでも一矢報いたい「あう~」。この京都店はとんでもねぇウェッポンを出して来た、京セラの新機種SA002の¥1販売である。価格ドットコム等で検索しても最安値¥10、500なのだ。

 京都で携帯契約は無いだろっと、その日はカタログだけ貰ってホテルに帰って来た。だが翌日私達はビッグカメラ京都店に居た、 iPhone をストラップで首から下げての契約である。まさかの au 乗り換えなのか?!と、ざわめき立つ「やわらか銀行」スタッフ。イヤイヤ使うのは生命体K、と言い訳しまくりたい俺。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

 ガンガントーク(指定3人まで無料)だから「あう~」使いならミツマタまでOKだなっと言う私に、「一生この娘だけ」と慌てて答える生命体K。まだまだ青い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)