2013年9月 8日 (日)

ボイラーぶっ壊れた?

■一般的に設計耐久年数10年ほどとされている住宅用ボイラーだが’94新築時に設置された我が家のノーリツ製の灯油ボイラーはやおら20年を迎える

Dscf0330

 実は7、8年ほど前にウンともスンとも言わなくなり修理を依頼したのだが、ココを直しても他がすぐに壊れると言われ、とりあえず給湯だけ(追い焚きは諦めた)修理した。いつ壊れてもおかしくない時期が新品の耐久年数に迫るくらい持ったのだ

Dscf0380_2

 「この雨にやられてぇ♪ ボイラーいかれちまったぁ オイラのポンコツぅ♪ とうとうつぶれちまったぁ」。ゲリラ豪雨の翌日、立ち上がらなくなった、いつ壊れてもの何時が訪れたと言う訳である。

Dscf0427

 連日猛暑日の最中だったので、水シャワーでも一向に構わなかったのだが、車で5分ほどの所に温泉が在る。しかも大人¥200、維持光熱費や気持ち良ささを考えるとボイラーなし生活でもイイか?とマジで思った。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

翌日蓋を開けっ放しにして乾燥させら復活した。気休めにテープで隙間を塞いだが、今度こそ何時ぶっ壊れてもおかしく無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

デッキ屋根に雨樋を付けた

屋根をかけた時から、雨樋は付けようと思っていた。でも雨が避けられると言う主目的は達成されており、なかなか実行に移せずに居たのだ。

Dscf1632 Dscf1631

 落ちる雫で痛んだ芝、まぁ芝的には自らトドメを差したのではあるが、、、。実行の日は突然やって来る、気分が乗ったと言う訳だ。早速ホムセンで材料を購入、樋とかパイプは大きいのでそれなりの値段だが、樋⇒パイプに繋げる部品が高め。でもまぁ全部で¥5000強といったトコロ。

Dscf1646 Dscf1649

 樋を受ける金具には数種類あり、無加工でネジ留め出来る物を購入。接着剤は以前購入したパイプ用が同じ塩ビ用と言う事で流用。

Dscf1663 Dscf1691

 固定は針金を手でくくりつけるだけなので、思っていたより短時間で設置完了。屋根には雪止めを付けていないので、雪によるダメージが心配である。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

次は菜園への液肥やりの為に、雨水を貯めておける様にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

誕生日には階段で書庫-14

■最終増築工事に向け、折り畳み式の足場を追加した訳だが、これにより書庫は進化した

Dscf0342 Dscf0339

 折り畳んだ足場を広げると、階段の壁の切れた所まで来る。一坪弱の書斎の誕生である。そして生命体Mが早々に、快適な空間の出現を嗅ぎ付けた。

Dscf0349 Dscf0350

 スイッチ付きのタップで、スタンド、コタツ、カーペット、ストーブは集中管理している。ヤ○ダ電気の新年セールで先着5台のコタツ(開店前から並び、最後の整理券をGET!)は¥1980也

Dscf0343 Dscf0346

 カーテンを垂らすだけで、ストーブは半分の出力で20度をキープ出来る。断線で廃棄されていたこのストーブは、スチーマー付きで体感温度が上がる他に内臓ファンで空気も暖めて(つまりストーブ自体は冷却されて背面が熱くならない)くれる。また、余った端材でトイレ用に小さな棚も作った

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
またコンナもん作っちまった…_| ̄|○

で、祝完成である(以前の階段の姿はコチラ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

誕生日には階段で書庫-13

前回は計測や発案、更にロフト(それも手の込んだ)も作ったので工期が大幅に遅れた。今回は単に同様の棚増設であり、生命体Kの誕生日に間に合った

Dscf0333 Dscf0334

 強いて言うなら、今回はコーススレッドを使っていない。気持ち長めに材料を切り出し、圧入しているのだ。これはトータル500kg以上も有るロフト支えるのと、大物の2Fへの搬入路として、すぐ解体できる様にしたのだ

Dscf0340 Dscf0336

 わずか1日でほぼ埋まった増設棚。1/4は私の本で、元々カラーボックスに入れてここに置いてあった物だ。単行本サイズで設計したこれまでの棚から、大きい本を移したので、空きは出来たのだが、、、。

Dscf0337 Dscf0338

 と言う事で、最後の棚建設に向け布石を打っておく事にした。階段上を予定しているのだが、足場を作ると階段の上り下りに支障を来たす。そこで1x8材を蝶番で繋ぎ、普段は折畳んでおくのだ

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
またコンナもん作っちまった…_| ̄|○

当初ハネ上げ式を考えていたが、重量や逃げのスペースでこうした。技術と言うものは常に進歩しているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

誕生日には階段で書庫-12

以前、生命体Kの誕プレに書庫を作った。だが設計段階で2000冊を収納できる書庫は、4年で溢れだした

Dscf0317 Dscf0332

 なので今年の誕プレは書庫の増設である。増設スペースはロフト状の書庫の下で、設計時に予定していた(実はあと一箇所増設予定地が有る)。

Dscf0310 Dscf0312

 工法は前回と同じで、2x4材(使ったのは2x8と1x8だけど)に溝を切り棚板を渡すと言うもの。デッキに屋根をかけたのと作業台のお陰で、埃の出るサンディングは駐車場で行わなくて良くなった。

Dscf0319 Dscf0331

 仕上げも前回通り、オイルスティンも余っていたもので足りた車物の塗装に比べると、遥かに簡単で早い

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
またコンナもん作っちまった…_| ̄|○

今回はA4サイズを収納できる寸法にしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

張り替えはコレっきり?

あけましておめでとうございます。さて新年を迎えるにあたり、大掃除なるモノを行うのが通例であるが、私は行わなかった。

Dscf0170 Dscf0171

 でも何もしなかったワケでは無く、年賀状作成や、ぱっと目貧乏チックに見えてた破れた障子紙を張替えた。

Dscf0173 Dscf0189

 過去に幾度と無く行った作業だが、要は破れなければ不要な工数なワケで、今回は超丈夫なプラスチック障子紙に交換。プラスチックなのに障子紙とはこれいかに?、それは障子紙を両面からプラスチックシートではさんだラミネート構造だから。

Dscf0190 Dscf0191

 普通の障子紙は糊で貼った後、霧吹きで湿らすとピンと張るのだが、プラスチックなので作法が違うのだ。専用の両面テープで一発勝負貼りなのである。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

絶対必要な両面テープは別売りで、貼る段階になって気がついた、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

ミニバーをガレージに!

引き戸横の壁面を有孔ボードにしたものの当面吊り下げ収納するツモリは無い。そこでハイソなガレージライフに欠かせない「ミニバー」コーナーを設置する事にした

Dscf0030

 ハイソと言っても素材になるのは手持ちジャンク品だ。これはかつてPCのスピーカーシステムとして製作した、ダブルバスレフのキャビネットである。LEDランプがだいぶ安くなって来たので、ソレを仕込む為に紙パイプを取付る。白熱60Wクラスの明るさだが、消費電力は4Wと低いので放熱孔は開けていない(キャビネットの気密は保たれている)。

Dscf0077

 これまた余っていた塗料(カーボンブラック、つや消しの黒ね)で塗装。この面は太陽光によって塗装面が傷んでいたので丁度よい。スピーカユニットはゴン太の純正品に園芸用の網を付けた。PCのオーディオI/Fにつなぎ、iTuneライブラリを鳴らす予定

Dscf0115

 車関係の書籍をディスプレイし、つまみ・グラス・酒を並べた。有孔に張ってあるラバーバンドは便利で、袋物のつまみも挟んでおける。上部には小さな?状のネジを配してあり、車のキーを掛けてある(画像左上、見辛くてスイマセン)。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

酒を飲むとグダグダ過ごしてしまい、いぢり作業はかどらず、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 9日 (金)

オトコの城度を上げよう!

■ガレージが快適になるにつれ、今まで気になっていたトコロが我慢出来なくなって来た

まづゴミ問題、どれだけ言ってもゴミ袋がガレージに置かれる。そのせいでフロアの一部は生ゴミの汁で黒くカビている、ガレージは男の城なのにである。

Dscf0110 Dscf0111

 リサイクルゴミは廊下下に分別箱を用意してあったが、よく廊下上に物を置きっぱにするので利用されていない。そこで外に追いやって空いた棚に分別箱を移動した

Dscf0089 Dscf0091

 かつてビスト朗によって破壊された壁、汚れも気になって来たしと、有孔ボードで覆う事にした。上部にはラバーバンドを張り、ちょっとした物を挟み込める様にしてある

Dscf0090 Dscf0114

 木製の黒が地元のホームセンターで手に入らず、紙製の白で妥協。強度UPと吊り金具の逃げの為角材を接着し、壁面より少し浮かせて取り付けた。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

そして男の城度を向上させる為、ミニバー化してみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

棚を作って壁面収納る!

新築当時は補強工事の為追加された下左画像の柱は無かった。この工事に伴い、シャッター幅も切り詰められ、ゴン太と壁面の隙間は拡がった

Dscf9737 Dscf0137

 この隙間を遊ばせておくハズも無く、雑多な物を置いていた。今回重い腰を上げ、を作り付ける事により、収納量アップを行った。壁面収納は奥行きが少な目なので、アイテムのアクセス性も良い

Dscf0141 Dscf0136

 工具を一面に吊ろうかと考えたが、一つの作業で使う工具はたかが知れているので、使う物だけ置けるテーブルを作った。普段は駐車スペースなので折畳める様に、また折畳み脚を流用しハンマー等のホルダーにした。

Dscf9754 Dscf0135

 冬季は天候が悪いので、チャリンコも壁面に置いた。オーバースライディングシャッター上部のわずかな隙間にも棚を配し、缶スプレー等を置いている。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

だいぶガレージライフが充実して来た。更なる精進を行おう!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

シャッターを遠隔操作する?

■車移動がほとんどの田舎なので、玄関よりガレージからの入退出が多い。ところが現在のガレージレイアウトでは、シャッターのカギは中央からしか出来ず、そこの昇降口に履物が溜まるのだ。R2のフロントタイヤで履物を踏まれ「履けない」事件が多発、サンダルの金具なども破壊されている。

Photo Dscf0101

 廊下の幅を狭くして通路を設けようとも考えたが、10cmかそこらが限界で雨天時はボディーで服が濡れる事必至。そこで思い付いたのがタイトルの「シャッターを遠隔操作する?」である。?を付けたのは、棒を使った超アナログ単純メカ構造で、全くエレクトリカルでは無いからである。

Dscf0002 Dscf4347

 手持ちのジャンクから使えそうなモノをピックアップする。曲がった平角棒は、無理やりヂャイ子にノーマルエンジンカバーを付けて失敗した時のモノだ。それらに穴加工を施し、チャッチャと溶接すれば機能部品の出来上がりである。

Dscf0020 Dscf0023

 後から買い足したモノは厚さ3mmの平鉄材(赤矢印)だけで、塗料も余り物を使用した。シャッターを開くにはこの薄い平鉄材を押す使い方となり、強度が心配であったが大丈夫であった

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

中央に散乱していた履物は無くなった。しかしそれは引戸側に移動しただけなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧