« オイル交換100860km | トップページ | 蘇れ!ハンディ掃除機 »

2014年1月30日 (木)

煙2-百均的スモークアンプ

■加工モノは得意とするが電子モノ音痴のな私にうってつけのネタを発見した。それは何と百均で実現出来ると言う。

Dscf2381 Dscf2382

 まづはアンプ部分。単4電池2本でiPodなどのイヤフォン出力を、スピーカーがドライブ出来るまで増幅すると言うモノ、セリアで購入。

Dscf2389 Dscf2390

 お次はスピーカー部分。長いコードが付いていて、テレビの音声を耳元で聞こうではないかと言う商品、キャン☆ドウで購入。

Dscf2391 Dscf2393

 4本のネジで裏蓋と留めているウチ、下2本の柱を削除。基板の不要な部分を切り取り、9V電池と共に何とか収める。ステレオフォーンジャックを使い、プラグを入れた時のみ電源が入る仕組み。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

主要部品が¥210と言う格安ギターアンプだが、ナカナカの鳴りっぷり!。

|

« オイル交換100860km | トップページ | 蘇れ!ハンディ掃除機 »

コメント

たまたま今日、この100円アンプっていうのを店頭で発見したところでした。よくよく見るとモノラルアンプだったので買いませんでしたが、ギターアンプならそれでもいいわけですよね。

電源が3Vなので、スピーカが4Ωとしても250mWくらいしか出ませんが、同じアンプが2つあるとBTL接続という技が使えて同じ電源、同じスピーカで出力が4倍になります。

あ、電池を無理やり9Vにしたんですね。ケミコンの耐圧は大丈夫でしょうか? 9Vですと、4Ωスピーカに対して9x9/(4x8)で、瞬間最大出力2.5Wが期待できますね。

狭いところに、ステレオフォーンジャックがよく入りましたね。

投稿: PicksClicks | 2014年6月 1日 (日) 14時24分

この100円アンプを買ってみました。回路を見るとすでにBTL接続になっていました。でも9Vかけてフルに使おうとするとアンプICに放熱板が必要だと思います。アルミホイルを接着するくらいでもいいんじゃないでしょうか。回路に接触しないように注意して。

使われているケミコンが25Vと10Vだったので、耐圧はそこそこ高いのかもしれません。

投稿: PicksClicks | 2014年6月25日 (水) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/58968381

この記事へのトラックバック一覧です: 煙2-百均的スモークアンプ:

« オイル交換100860km | トップページ | 蘇れ!ハンディ掃除機 »