« バスレフ調整とDC9V電源 | トップページ | 仕方なくCVジョイント購入… »

2013年10月 3日 (木)

マトモな方を片付ける!

右側のCVジョイントに欠陥が見つかり、ベアリング交換だけしても改善されない事が解かった。変に交換して、新品ベアリングにナニされてもアレなので、良好な左側のみ交換する事にした。

Dscf2199 Dscf2200

 ベアリングが壊れても構わない抜きとは違い、圧入は気を使う。インナー側に圧力を掛けると具合が悪いのだ。廃油ストーブで使っている煙突の鋼管がアウターにジャストだった。シールはゴムとバネで出来ているので手で簡単に圧入できる。

Dscf2201 Dscf2206

 さて問題の右側、ミソスリ運動の為ボス側が磨耗してしまっているのだ。で、とりあえず磨耗した分として、0.3mm厚のアルミ板からシムリングを切り出した。

Dscf2208 Dscf2212

 こんなカンジに挟み込む。CVシャフト側の磨耗も考えられるので、本番修理時厚さは見直すつもり。さて手持ちの工具に200N・mのトルクレンチが無い。いったん100N・mのを0.25m位置で締め付けて感覚を覚え、それと同じ位の力を0.5mで掛ければ200N・m

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

200N・mも掛けるとTレンチ曲がる、、、。

|

« バスレフ調整とDC9V電源 | トップページ | 仕方なくCVジョイント購入… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/58271296

この記事へのトラックバック一覧です: マトモな方を片付ける!:

« バスレフ調整とDC9V電源 | トップページ | 仕方なくCVジョイント購入… »