« ゴーヤ・ゴーヤ・ゴーヤ | トップページ | フィンピーをガスパワーに »

2013年9月 4日 (水)

1液性の塗料だった・・・

■この所塗装と言えば2液性の塗料ばっか使ってた。よく塗料に対して「乾いた」と表現するが、それは1液性のモノで2液性は化学反応で硬化する。一度硬化したものは、シンナーでは溶けないのだ。しかし今回のはラッカーで、乾いた後シンナーで溶ける。その事をスッカリ忘れていたのだ

Dscf2467 Dscf2468

 べースの銀が勿体無いからとペプシマークに銀ラインを残した。しかしコレではペプシマークに似せたバッタモン的で、何の為のチラ見数十万ギター企みか分からなくなる。

Dscf2469 Dscf2470

 なので銀ラインを塗り潰した。元々白が塗ってあったので段差が有り、それを隠そうと一度に厚塗りしたのがマズかった。塗料にはシンナーが含まれていて、それが紙マスキングテープに染み込み赤や青の塗装を侵したのだ

Dscf2478 Dscf2479

 今度は赤、青を塗り重ねる羽目となった。さらに付いた段差をサンディングしたいのをグッと堪え、クリヤを吹く。銀色には金属粉が含まれていて、下手にサンディングすると黒く変色してしまうのだ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

とりあえず乾燥の為、猛暑の屋根裏に放置!。

|

« ゴーヤ・ゴーヤ・ゴーヤ | トップページ | フィンピーをガスパワーに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/58116445

この記事へのトラックバック一覧です: 1液性の塗料だった・・・:

« ゴーヤ・ゴーヤ・ゴーヤ | トップページ | フィンピーをガスパワーに »