« メタモルフォーゼだぜぇ | トップページ | 気になってた浮錆びを修す »

2012年8月14日 (火)

ZOOKサイドカー計画05

■世の中に数々の乗り物が有れど、非対称の物は珍しい。それは力学的に見て、対象の物の方が、いろいろな姿勢制御において有利だからだ。サイドカーの生い立ちは、未だ4輪車が高価であった頃、2輪に沢山の荷物を積みたいと言った実用性からなのだ。そしてかつては側車付きの方がメジャーで、単車と言う呼び方はそれに対する物だった。

Dscf1231_2 Dscf1160

 そんな元々が不安定な乗り物だから、調整がハズレの方になってしまうと乗り難くさ倍増となる。舟の慣性が働く為加速時は左に、減速時は右に行こうとする。推進力線から外れた所に重心が来るので仕方が無いのだ。巡航時も走行抵抗が左に有るので、側車のタイヤに角度を付け、なんとなく誤魔化す。

Dscf1232 Dscf1154

 積載物の事を考えると側車のタイヤ位置は中央に有った方が良いのだが、旋回時の事を考えると後軸に近い方が無理が無い。多くのサイドカーのタイヤ位置が後ろ軸に近いのは、人が乗ると都合良く尻位置に荷重がかかるからである。

Dscf1233 Dscf1155

 この辺のさじ加減が全く解らなかったので、車軸はUボルトで固定し、調整の上決定(妥協?)した。それともう一つ、一定速度で巡航している時、舟側に走行抵抗が生じる為、それを打ち消す様、本体側は僅かに右に傾けておく。具体的には空車時に本体が垂直になる様にして、乗車時の沈み分だけ右に傾く様にした

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

 以上の調整をしても走行中にハンドルを放すとブルブルと振動する。これは仕方の無い事らしく、ダンパーを装備すると軽減される様だ。原付車では走行速度も低いし、ハンドルをつかんでいれば問題が無いので、振動しながらも直進する辺りで妥協している。

|

« メタモルフォーゼだぜぇ | トップページ | 気になってた浮錆びを修す »

コメント

側車のタイヤにもよりますが、設置面積の少ないタイヤにするとコーナリング中の抵抗感は少しマシになります。

右折時に側車の取り付け部にかなりの負荷がかかりますので、三角形でパイプフレームを組まれる事をお勧めします。

サスペンションを側車につける時はスイングアーム構造を作ると簡単で、側車自体は振動を受けますが、動力側車体の接続部等負荷のかかる部分の保護は十分にこなせますよ。

健闘を祈っております。

投稿: NODO | 2012年8月18日 (土) 07時57分

はじめましてNODOさん、アドバイス有難う御座います。

接地面積は多そうです、下記理由で更に、、、。

キックスタートのみなので足とフレームの折り合いが、、、でも3点支持は努力してみます。

サスはもう後戻り出来ない所まで来てしまいマシタ、、、。空気圧を下げて逃げるつもりです。

初めてのサイドカーゆえ、トンチンカンな方へ進んでいるのでは?と思いながら製作してます。

投稿: ペプシマン | 2012年8月19日 (日) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/55406807

この記事へのトラックバック一覧です: ZOOKサイドカー計画05:

« メタモルフォーゼだぜぇ | トップページ | 気になってた浮錆びを修す »