« サスをラバコンに戻すと… | トップページ | 折れかけのマフラーを溶接 »

2012年6月 5日 (火)

検査落ちNo1、光軸チェック

■プライベーターに光軸テスターなど無い、なので超原始的な方法で光軸を合わせるのだ。だが侮る無かれ、ゴン太の改造ヘッドランプを車検に通した実績が有るのだ!。

Dscf1024

 用意する物は黒いガムテープのみ、調整が必要な場合はその工具。前回車検後にMINIを壁の前に停め、車輪の位置をバミっておく。その状態でハイビーム点灯し、光軸点を壁にバミる。眩しさを堪え人差し指で光軸点を捉え、指が動かない様注意しながら頭を逸らすと壁に影が映り、その点が車検をパスできた光軸と言う訳である。

Dscf0771

 で、バミった位置にMINIを停め、上記の方法で指の影が壁の印とズレていないかをチェックした。今回左右とも1cm以内のズレだったので、下手に触らずそのままにしておいた

Dscf0772

 上画像はロービームの物で、車検時には検査されない。この方法での注意点は、リファレンスは車検に通ったMINIと言う事。前回はプロが調整しているので、中心狙いで合わせていると思うが、ギリOKだったのかも知れないのだ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

そう、イキナリ調整できるのでは無く、2年前の仕込みが必要なのだ。

|

« サスをラバコンに戻すと… | トップページ | 折れかけのマフラーを溶接 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/54870436

この記事へのトラックバック一覧です: 検査落ちNo1、光軸チェック:

« サスをラバコンに戻すと… | トップページ | 折れかけのマフラーを溶接 »