« 冷却液漏れの犯人を挙げる | トップページ | ヒーターまわりを復元する »

2012年5月 2日 (水)

ヒーターバルブを改良する

犯人は判った。だがそれにアクセスするには、ダッシュパネルを取り外す必要が有る様だ。しかし過去にオーディオのヘッドユニット交換で、ダッシュパネルを外そうと試みたが失敗に終わっているのだ。

Dscf0652 Dscf0656

 マジメに検索すると、両側のフレッシュエアダクト奥と、オーディオユニット部の3箇所のネジを外せば外せる事が解った。ダッシュパネルが外れると、今度はスピードメーターワイヤーが抜けない。またも検索で、矢印部分を押さえるとロックが外れると知る。

Dscf0657 Dscf0662

 摘出されし病巣である。動きを見てみると、ワイヤーの直線運動→クランクの回転運動→バルブシャッターの直線運動と効率が悪い。しかもバルブシャッターに掛かる力の向きに無理が有り、これでは交換しても再発すると思われる。そこで汎用のボールバルブに改造する事にした。バルブの有効面積が1/4程度になってしまうのだが、動作と気密性は格段に良くなるのだ。

Dscf0659 Dscf0666

 廃材のボールバルブには雄ネジが切ってあるのだが、旋盤でホースがフィットする様に加工した。もともとの取付穴を使い、手持ちのアルミパイプと板を加工し挟み込み固定。ハンドルにネジを取り付け、そこにワイヤーをダイレクトにリンケージした。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

外したスピードメーターケーブルには、トラップが仕掛けられていた、、、。

|

« 冷却液漏れの犯人を挙げる | トップページ | ヒーターまわりを復元する »

コメント

初めまして。
かなり以前の記事へのコメントで申し訳御座いません。
ぜひボールバルブの旋盤加工についてお聞きしたいのですが。
現在エースボール21USのタイプのボールバルブを持っていまして、同じように直接ホースを繋げれるように加工したいと思っています。
数件の工場に持って行ったのですが、旋盤にはさめないので難しいと言われてしまいました。
アダプターを使うとクリアランスの問題で使えなくなるのでどうしても加工したいと思っています。
宜しければ、どのようにセットアップされたのか教えて頂けませんでしょうか?
いきなりのご連絡で申し訳ないのですが宜しくお願いします。

投稿: nD | 2013年10月31日 (木) 16時21分

こんばんわnDさん。
旋盤セットアップの件記事にしました!。
http://pepsiman.cocolog-nifty.com/diy/2013/11/post-bc01.html
上手く加工できると良いですね。

投稿: ペプシマン | 2013年11月 2日 (土) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/54632647

この記事へのトラックバック一覧です: ヒーターバルブを改良する:

« 冷却液漏れの犯人を挙げる | トップページ | ヒーターまわりを復元する »