« ルーカスミラーの車検対応 | トップページ | キャリパーからピストンを摘出 »

2012年5月18日 (金)

フロントブレーキをバラす

■車検整備においての肝は、やはりブレーキまわりであろう。事前のチェックにて、交換部品は既にネット通販で購入済みだ

Dscf0668 Dscf0669

 追加の馬とクリーパー、34mmのボックスは地元のアストロプロダクツで購入した。国内では使用頻度が少ないのか、ホームセンターでは32mmの次は36mmなのだ

Dscf0674 Dscf0680

 リバウンドラバーも強化品に交換する。34mmボックスはフロントのハブナット用で、インパクトレンチを4段階の最強にし、0.6Mpaの空気圧をかけて緩める事ができた。

Dscf0671 Dscf0681

 フランジが固着して抜けなかったので、ご覧の様なジグを作り(ZOOKのフライホイル外す時作ったヤツを追加工)、金ハンマーで衝撃を与え外した。凹んだディスク面にパッドがはまり込んでいたので、プライヤーを逆に使い広げる

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

これだけの高さまでジャッキアップするには、MINI車載の専用ジャッキ(片側の前後輪同時上げ)の方が便利である。

|

« ルーカスミラーの車検対応 | トップページ | キャリパーからピストンを摘出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/54644612

この記事へのトラックバック一覧です: フロントブレーキをバラす:

« ルーカスミラーの車検対応 | トップページ | キャリパーからピストンを摘出 »