« ネコパン直した! | トップページ | 泣かせてしまった、、、 »

2012年3月20日 (火)

田宮シトロエン2CV-5

2月の初旬に購入して、3週間ほど製作を楽しめた。久しぶりに作ったスケールモデルは、少々改造も行ったが改めて塗装の重要さを感じた

Dscf0441

 ミラーなどの部品は予めメッキ処理されている。多くは接着面となる部分がランナーとつながっていて、完成時には隠れる。フェールキャップは見える部分がランナーつながりだったが、周囲が映り込むメッキでは意外と目立たないのだ

Dscf0440

 デカールは剥がれ防止の為、クリアを上から塗っている。メータ部分はレンズがはめ込んで有る様に厚く塗った。キャンバストップは閉じた部品と巻き上げた部品が有り、せっかくオープンに出来る車なのだからと、巻き上げた部品を使った

Dscf0448

 ダックテールを付けた積載優先仕様と言う事で、リアシートは外した。スペアタイヤスペースやフロアもほぼ実車とおりである。フロントターンランプやリアクウォータウインドゥを埋め、小さなテールランプにした事で、よりクラシカルさが増した2CV。リアバンパーの幅も細くすれば良かったなぁ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

Dscf0451

 フロントサスがリーディングアームと特殊な為、ブレーキはミッション側(歯車の様に見える2枚)に付いている。ホイール側だとブレーキを掛けた時に突っ張り、フロントが持ち上がってしまうのだ。

|

« ネコパン直した! | トップページ | 泣かせてしまった、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/54085841

この記事へのトラックバック一覧です: 田宮シトロエン2CV-5:

« ネコパン直した! | トップページ | 泣かせてしまった、、、 »