« 本物の芝刈り機に替えた | トップページ | 69-東側の追加工事-1 »

2010年12月 4日 (土)

コイルサス化工事-その2

前回苦労して外したフロントサスペンション、山場は越えたハズである。多くのMINIが一度は行うであろうこの作業は、解説本やWEBで見るのよりずっと手ごわい様に思う。みんなはミニ屋と呼ばれるプロショップに依頼しているのであろうか?工賃が心配だ。

Dscf8937 Dscf8938

 さてこの画像はラバーコーンが収まっていたフロントサブフレームの様子である。真ん中にラバコンコンプレッサ用の盲ボルトが見える。このボルトの先端にはめ込む形で2mmほどのゴムシートを入れてみた。と言うのも落札した中古コイルスプリングには、新品時に添付されていたと思われるラバーが無かったからだ。構造的に無くても良さげであるが、後から入れ直すのは勘弁願いたいのだ。

Dscf8957 Dscf8941

 関西にある大手MINI屋デルタの物であろうコイルスプリング、非常にキレイである。前オーナーが何故早くに外してしまったのか?その原因が心配ではあるが、、、。デルタ製であるとすればバネレートは92kg/mm、以前ゴン太をローダウンしてた時のコイルは2.0~2.6kg/mmなので桁が違う。サスペンションの構造の違いから5倍ほどのバネレートを必要とするのだが、乗り心地は改善されるのだろうか?。ラバコン用のHiLowキットにコイルを組み込む際必須となるのが、画像中プライヤーで挟んでいる座金である。コレが無いと鍔の外周に力が掛かり金属疲労で破壊しかねない、本来はゴムが面当たりする設計なのだ。

Dscf8935 Dscf9002

 多分13年物のフロントラバーコーン、MINI設計当時は500kg強だった車重は最終モデルでは720kgに達している。増加分200kgのほとんどはフロントに集中、だがラバコンは設計当時のままなのだ。リヤも13年物のハズであるが、フロントの変型が著しい。新品のラバコンは、チューリップの花の様に先端が少しすぼまっている

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

次回はリヤをコイルスプリング化するのだが、、、。

|

« 本物の芝刈り機に替えた | トップページ | 69-東側の追加工事-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/50058830

この記事へのトラックバック一覧です: コイルサス化工事-その2:

« 本物の芝刈り機に替えた | トップページ | 69-東側の追加工事-1 »