« ストップ/バックランプ移設 | トップページ | 驚愕の進化、DSPサウンド! »

2010年10月29日 (金)

ミニフレームキャリヤを作る

■私にとって乗り物とは「荷物を運ぶ機械」である。チャリンコは荷物(人)が原動機だったりするが、とにかく物が積めるようになっていると嬉しいのだ。

Dscf8806 Dscf8808

 そんな訳でアチコチに積載装置を配備する、今回のお題は「輪行バックキャリヤ」。材料は昇天したピクニックテーブルの残骸のアルミフラットバーと、手持ちアルミ不等辺アングル材だ。

Dscf8809 Dscf8814

 切ったり曲げたりしてカタチにして行く。皿穴加工をして螺子の頭が出ない様に配慮した。輪行なんてごく稀の戯れだけにこのキャリヤを使うのは勿体無い。普段は500mlのペットボトルが納まる様にしたつもり、なのだが収まらなかった、、、。

Dscf8898 Dscf8825

 そこで積載量UPの為、折り曲げた所を伸ばした。不意の買い物に備え、ここにはヒップバック常載している。矢印部分には予めフレームに螺子穴が開いていて、蝶ボルトをねじ込む事でハンガーを積載できる。ハンガーはツェルトと室内空間を広げたりと、いろいろ便利なのだ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

嬉しくなった私は早速野宿を敢行した。テントサイトは自宅庭であるが、、、。

|

« ストップ/バックランプ移設 | トップページ | 驚愕の進化、DSPサウンド! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/49883559

この記事へのトラックバック一覧です: ミニフレームキャリヤを作る:

« ストップ/バックランプ移設 | トップページ | 驚愕の進化、DSPサウンド! »