« 初めてのユーザー車検-04 | トップページ | 近年の猛暑に対抗した! »

2010年10月13日 (水)

リアスピーカーを入れ替える

■会社の同僚がグランツァVからゴルフGTIに乗り換えた。グランツァVのオーディオユニットを外す工賃替わりにと、リアトレイのスピーカーを貰ったのだ。

Dscf8842 Dscf8844

 この’97年のKENWOOD製4ウェイバスレフスピーカーは、ヤフオクで¥4000ほどで取引されている。当時のKENWOODのスピーカーはMADE IN JAPANで、以外に高いのだ。

Dscf8847 Dscf8848

 保護ネットに凹みや擦り傷などが有るが、エッジはしっかりしており、MINIに載せる事にした。同僚はスモーカーの為、表面に付着したヤニを落とし、凹みもカギ状のツールを作り引っ張り出す。剥げた部分を黒マジックでタッチアップしてリフレッシュされたスピーカー。

Dscf8849 Dscf8851

 MINIのノーマルスピーカーはリアトレーに3本のネジで留まっていた。貰ったスピーカーの裏には一本の長いネジが有り、棒状の取付金具で裏側からスピーカー穴に渡し固定した。中高域のユニットが前を向き、更に上向きのトゥイータがデフェィザーにより水平方向360°に高音を放射する。カンカンシャリシャリした音を想像していたのだが、思いの他おとなしめの音質である。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

ノーマル時のブーミーではあったが、豊かな低域は無くなってしまったが、、、。

|

« 初めてのユーザー車検-04 | トップページ | 近年の猛暑に対抗した! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/49567495

この記事へのトラックバック一覧です: リアスピーカーを入れ替える:

« 初めてのユーザー車検-04 | トップページ | 近年の猛暑に対抗した! »