« 荒廃してたIgadenを | トップページ | WestIgaden蘇れ芝生-1 »

2010年5月19日 (水)

ブレーキオーバーホール-5

■思っていたより重症でリヤキャリパー交換となったゴン太であるが、幸いドナーはヤフオクですぐ見つかった。ブツは左右セットだったので両方を交換する事にした。

Img_0154 Img_0156

 フロントとリアで¥6600であったシールキットである。ピストンシール自体は細い丸状の物で、防水ブーツやオイルラインの銅パッキンなど付属品の方が多い。キャリパーブラケットのピンも固着する事が有り、固着するとパッドが片減りとなる。

Img_0162 Img_0160

 ピンを引き抜き付属のグリスを塗布、ブーツも交換する。右画像上のパッドが問題を起したキャリパーの物で、薄い部分で1.5mmまで減っている。良く見ると斜め当たりしていた(固着ピストンが斜めに出ていた)模様である。下のパッドは正常キャリパーの物で、8万kmの走行でもまだ7部ほど残っている。

Img_0163 Img_0164

 長い間放置していた為、ブレーキラインの中のオイルは抜け切っていた。用意していた500ccでは足りず、お隣さんのストックを分けてもらった。空気抜きの要領は、キャリパーのエア抜きニップルから、泡が出なくなるまでブレーキペダルを踏みつけるだけであった。ただその作業内容から、一人では出来ず助っ人が必要となる。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

Img_0165 Img_0166

 オーバーホールと共にリペイントとされたゴン太のキャリパー、ハブまで塗装している人は少ないのだ。さてそのオーバーホール結果であるが、想像以上に走りが軽くなり満足満足!。

|

« 荒廃してたIgadenを | トップページ | WestIgaden蘇れ芝生-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/48307637

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキオーバーホール-5:

« 荒廃してたIgadenを | トップページ | WestIgaden蘇れ芝生-1 »