« 天使と悪魔とiPhoneと | トップページ | iPhoneとココログの関係は… »

2010年1月12日 (火)

規格品角型2灯化計画-9

■パテ整形も終わり、プラサフにより面出しの終わったメス型。本来この様な整形作業はマスターに施し、メス型は抜くだけとなるのだ。しかし今回は凹面が仕上がり面となる為、メス型と言っても形状は凸なのだ。つまり整形作業面が外側に来た方が作業がしやすいのである。だからこそ製作初期で、精度の出ないボール紙をマスターに昇格させたのだ。

Dscf7868 Dscf7864

 #1500の水研ぎの終わったメス型、この後離型剤処理があるので鏡面までは仕上げていない。私は最近 PVA さんの真の実力を知った。その時は一般的なカー用品のワックスを使用し、PVA の塗布時にハジキ現象が出た。それではと言う事で、FRP用の専用ワックスを入手した。1kgと素人が一生かかっても消費出来そうに無い容量で、価格も¥1900程度とカー用品と比べて割安だ

Dscf7870 Dscf7871

 さてその実力はと言うと、さすがFRP用だけあって PVA はハジク事無く塗布出来た。そして今回はゲルコート処理と言う初の試みをしている。良くFRPパーツで白色ゲルコート仕上げとか書いてあるアレだ。実は買い置きのゲルコート(1年強前)が在ったのだが、ライフが短く缶の中で固まっていた。何でも3液タイプの物は保存が利くらしいが、すぐ使い切るだろうと(前回もそう思ったのだが、、、)今回も2液タイプの物を購入。

Dscf7872 Dscf7873

 PVA さんを傷付けぬ様、刷毛で塗って(と言うか乗せる感じ)行く。粘度が高く塗布表面は凸凹でムラムラであるが仕上がり面は一番下で、そこはメス型の平滑面であるので気にしなかった。R/Cカーのボディ塗装に良く似ており、裏側に塗料を塗り重ねるのだが、でっこぼっこで多少ムラが有っても実にキレイに仕上がる。透明なボディ自体が普通の塗装のクリアトップコートにあたるのである。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

冬季のほぼ屋外なので気温が低く、そのまま一昼夜硬化させた。

|

« 天使と悪魔とiPhoneと | トップページ | iPhoneとココログの関係は… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/47267149

この記事へのトラックバック一覧です: 規格品角型2灯化計画-9:

« 天使と悪魔とiPhoneと | トップページ | iPhoneとココログの関係は… »