« 規格品角型2灯化計画-5 | トップページ | 取付ブラケットの冶具を作る »

2009年12月 8日 (火)

中華HID付けたら、好(ハオ)!

■DC駆動(原付のライトはAC駆動が多い)と消費電力からヂャイ子には優しくないHID。ノーマル18Wクリプトンを25Wハロゲンにでもしよか?なんて悩んでいたら、中華HIDって激安!。ヤフオクで新品が¥2500で落とせた、へたすりゃハロゲンだってそれくらいするのだ。

Dscf7718 Dscf7674

 とは言えヂャイ子のDC発電能力はたかが知れている、そこで右ライトのみHID化して更にスイッチを付けた。定格125V3Aのスイッチはハンドルのメクラ位置に取り付けた。そのままでは干渉したので、真ん中樹脂を切り取り端子を折り曲げいる。中華HIDのバラストは点灯時6A、安定時2.5A消費するとある。スイッチは2回路あったので並列接続し6Aをクリヤしている。

Dscf7673 Dscf7704

 中華HIDは特に問題なくインストールできた。バラストは付属のステーをウォッシャータンクのボルトに共締め、バルブのブーツは取り付かないが放熱はできる。2つあるヒューズの内15Aの方がキーONでつながる配線である。今後接続が楽な様に端子台を取り付けた。バッテリー直のリレーなどは使用していないが、キーONでも中華HIDは点灯させる事が出来た。しかしその状態でエンジンは始動(セル)出来なかった、HID用スイッチは必須だった訳だ。オーバーヘッドコンソールの3連シガーソケットには電圧モニターが付いていて、6000RPMほど回してやっと発電が追いつく様だ。でかACデルコによって、日中だけOFFにしておけば夜間は信号待ちでもONのまま使えそうだ。

Dscf7711 Dscf7713

 実はこの中華HID、Hi/Low切り替えが出来ない。この手のHIDは機械的にバルブをスライドさせ切り替えるのだが、メカ部分が無い方が壊れにくいし普段から余り夜間ハイビームする事が無い。説明にはLowのみとあったが、実際の光軸はHiくらいの勢いだ。光軸調整ネジが外れるくらいまで下に向けないとLow光軸位置とならなかった。しかしこれだと押さえのバネが浮いてしまい、ライトハウジングはぐらんぐらんで使い物にならない。仕方無いのでバネが効くくらいにしてあるが、光軸はLowとHiの中間程度と微妙、、、。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

いやホント明るくなった、ノーマルはポジションランプですか?と突っ込みたいくらい。

|

« 規格品角型2灯化計画-5 | トップページ | 取付ブラケットの冶具を作る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/46974083

この記事へのトラックバック一覧です: 中華HID付けたら、好(ハオ)!:

« 規格品角型2灯化計画-5 | トップページ | 取付ブラケットの冶具を作る »