« 規格品角型2灯化計画-6 | トップページ | マスターが走馬灯の様に… »

2009年12月14日 (月)

ヂャイ子のLED祭りⅢ

■最近ヒカリ物づいている私だが、今回のターゲットは立場の危ういハイマウントストップランプだ。今はACデルコ効果によりそんな事は無いのだが、以前はアイドリング中にブレーキランプを点けるとオーディオがストールした。これは電圧降下によるもので、ストップランプは電力食いなのだ。HID化によるDC電力消費増に伴い、他のDC電装の節電はやっておいて損は無い。

Dscf7720 Dscf7721

 ハイマウントストップランプはレンズとボディが強力に接着(てか溶着?)されており、バラすのに苦労した。開けてみて分かったのだが、18Wのバルブが使われていた。何とノーマルヘッドランプと同じワッテージなのである。

Dscf7724 Dscf7725

 パーツ屋まで往復40kmのプチツーリングに出掛け、得た物は白色LED6個であった。回路の都合で8灯にしたかったのだが、在庫が無かったのである。仕方無いので手持ちの1灯と抵抗で全7灯とした。画像中赤矢印で示すとおり、下の3灯には抵抗が挿入しててある。電源はちょうど切れたウェッジ球が有ったので、その電極に半田付けしバルブソケットから取っている。

Dscf7726 Dscf7727

 レンズは点灯テストの後、プラモデル用の接着剤(樹脂11%溶剤89%)で接着した。実際に点灯させた所、千鳥配置となる7灯の方がデザイン的にはオサレである気がする。またメインストップランプは点かない様に細工し、更なる節電に努めている。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

制動時はテールランプが明るくなるよりも、別の場所で点灯する方がインパクトはある。

|

« 規格品角型2灯化計画-6 | トップページ | マスターが走馬灯の様に… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/46988822

この記事へのトラックバック一覧です: ヂャイ子のLED祭りⅢ:

« 規格品角型2灯化計画-6 | トップページ | マスターが走馬灯の様に… »