« 規格品角型2灯化計画-4 | トップページ | ブラケットを型取ってみる! »

2009年12月 3日 (木)

ヂャイ子のLED祭りⅡ

■前回輝度優先で電圧超過を承知で3灯にした照明用LEDランプだが、接触不良の様に点滅しだしたと思ったら昇天した。1個あたり 3.2V 定格の所 4.6V は無謀であった様だ。¥43/個のLEDを買いに、往復40km弱を要する。そんな訳で、余計めに買ってくるのだが、青の物が白と同じ3.2V・20mAと同じ仕様だったので各4個購入した。

Dscf7610 Dscf7613

 それと¥21/個の抵抗を何本か買った。低電流ダイオードは1個百数十円、電圧がリニアに低下する乾電池で一定の明るさを保つのには有利ではある。しかし今回の様に電圧変動が無い場合は、抵抗で十分だったのだ。そう中学の理科実験で教わったオームの法則である。

Dscf7617 Dscf7629

 でDayライトをと作り始めたら、「リア側は赤の方がいんじゃね?」と再び往復40kmの買出しに出る。パーツ屋で数あるLEDを探すも青と同仕様 3.2V・20mA が無い、わざわざ赤狙いで来たのにこのままでは帰れないではないか。

Dscf7634_3 Dscf7630

 仕方が無いので色優先で 2.0V・20mA の赤LED 購入、少し面倒だが一番最初の画像の様な回路になった。ご覧の様にリアのプロテクターゴムに穴を開け抵抗を仕込み、金属カラーの入る穴に横から線を差込みフレームアースを取っている。そして白LED4個(抵抗なし全直列接続)にて復活した照明用LEDランプ。こいつの無謀が無ければDayライトは無かった訳で、転んでもタダでは起き上がらないのだ。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

実は買いに行くのが面倒で、照明用LEDについては生き残った2灯+低電流ダイオードでやったりもした。が、逆極性接続で数秒で昇天、、、。

|

« 規格品角型2灯化計画-4 | トップページ | ブラケットを型取ってみる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/46929503

この記事へのトラックバック一覧です: ヂャイ子のLED祭りⅡ:

« 規格品角型2灯化計画-4 | トップページ | ブラケットを型取ってみる! »