« エコなナンチャッテひ~た~ | トップページ | 祝、メス型から初離型成功! »

2009年11月27日 (金)

メス型なのにチン○似とは…

■前回「エコなナンチャッテひーたー」を作ってみた、しかしその性能は名前に相応しく「なんちゃって」の域を出ていないのだ。改良すべき点は幾つかあるが、まづアルミボトルを流用したホース取り出し口がイケナイ。画像で見るとイケてそうであるが、如何せん隙間が多いのだ。そこで最近FRPかぶれして居る事もあり、型を作ってみた。マスターはオール油粘土であり、その製法だけ見ればやはり「なんちゃって」の域を超えていないのだが、、、。

Dscf7441 Dscf7444

 ホースの内径は30mmほどであるので、製品は少しキツメに仕上がらなければ成らない。指の腹で撫で回す事30分、どうにか30mm~31mmの間に収まった。実はこの他に抜き勾配を取らないといけないのである、アッチを立てればコッチが立たずを適当な所で妥協なのだ。油粘土やシェラウドはPP製でそれ自他剥離性を持っているが、PVA(ポリビニールアルコール)を塗布した。粘土直だとメス型内側が若干荒れ気味になるからだ。

Dscf7448 Dscf7450

 #30サーフェースマット+#450マット×2の3プライとした。アッサリとマスターから離型したメス型は色と言い形状と言いそのサイズまでが、、、。私はチャックを開けそこからこのメス型を出してみたいと言った衝動を何とか抑えた。

Dscf7454 Dscf7455

 所詮は指の腹で作ったマスターである、僅かな凸部がありこのままでは製品が抜けない。丸棒にサンドペーパーを巻き付けた物で形状を整え、耐水ペーパーで#1000まで磨き上げた。

 「だからどうした」 って?
 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ
 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

一度そう見えてしまうと、なかなかそのイメージを払拭できぬものである。

|

« エコなナンチャッテひ~た~ | トップページ | 祝、メス型から初離型成功! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/46867952

この記事へのトラックバック一覧です: メス型なのにチン○似とは…:

« エコなナンチャッテひ~た~ | トップページ | 祝、メス型から初離型成功! »