« SONAR-LE 03 | トップページ | Newフレットファイル! »

2007年10月 5日 (金)

ヤマハ FG-230-03

■どう「いぢろう」か思案の日々が続いてマス(悩)。前回は指板をナット側に行く程削り、ナットを低くしたら弦高が下がると企みマシタ。

Dscf2912

 どれくらい下がるかCADで描いてみましタ。確かに弦高さは低くはナリマス、仮にナット側を2mm削ったとしましょう。すると12Fでは1mm下、現状弦高5mm→4mm硬いローズウッド指板を整形精度に気を使ってデス、、、(汗)。

Dscf2910

 結構苦労してもサドルはこのまま(涙)。12弦なので後部ピン側はテンションが不利な上、現状ほとんどテンション掛けられてマセン、、、(悲)。

Dscf2922

 ではネックはどの辺りを指し示しているのか?。出来るだけ真っ直ぐに成る様ロッド調整した後、指板上に定規を乗せた図デス。ブリッジ上面よりカナーリ下、これぢゃあナット側を2mm程度削った所で焼け石に水、、、(困)。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

サドル高くするなんて夢のまた夢、、、。

|

« SONAR-LE 03 | トップページ | Newフレットファイル! »

コメント

トップが膨らんでいるような感じですね。
あとネックの反りがありますかね。
12本弦を張ると余計ネックがそりますよね。
いっそのこと6弦にしたらどうですか?
それと極細の弦を張るなんてどうですか?

投稿: jin | 2007年10月10日 (水) 23時28分

ハイ、膨らんでマス、、、

ネックはロッド調整でどうなる部分でナイ所
で曲がってるんデスよ~逆に言えばソレを
ナントカすればいいワケなんですがねぇ、、、(難)

6弦にするとFG-180になっちゃう(笑)

投稿: ペプシマン | 2007年10月11日 (木) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/16670506

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハ FG-230-03:

« SONAR-LE 03 | トップページ | Newフレットファイル! »