« はじめての自作PC-03 | トップページ | 建築模型 R付2階概観 »

2007年7月16日 (月)

ヂャンクストラトMavis-06

■弁当箱ザグリ、それは低価格帯エレキギターに施されるピックアップ逃げ加工。ソリッドギターらしさを追求すると言うならば、ボディ内の空洞は出来るだけ無くしたいワケですな。

Dscf1878

 だがその一方で「セミホロウボディ」なるモノも存在する。有名・ドコではフェンダーテレキャスターシンライン。身の詰まったスタンダード品に比べ少しウォームな音が出る。でもストラトのシンラインってなくね?、ウォームストラトサウンド聴きたくね?。

Dscf1879

 せっかっくの弁当箱ザグリ、それを更に追求してみたくなりマシタ。で、穴掘ってマス。ボール盤で掘ってマス。いくつもいくつも掘ってマス!。

Dscf1880

 センター裏にはトレモロスプリングが有るんでこれ以上は掘れまセン、、、。が、コントロール側はピックガードで隠れた部分が多い。ココも容赦なく掘りマス掘りマス掘りマス!。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

重量も軽くなるしっ!。

|

« はじめての自作PC-03 | トップページ | 建築模型 R付2階概観 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/15777868

この記事へのトラックバック一覧です: ヂャンクストラトMavis-06:

« はじめての自作PC-03 | トップページ | 建築模型 R付2階概観 »