« 建築模型 プロローグ | トップページ | ハローワークに行って見た »

2007年5月23日 (水)

PUを色んなアコギに-01

■ぢゃんくのマグネチックPUをアコギに取付けられる様にしてみましタ。モトはと云えばTaylorのミニギター用に作ったんデス。サウンドホールにはさみ込む取付方式にしたんで、他のアコギにも取付可能!。で、オーディオI/F直とエフェクター(ZOOM504Ⅱ:パッチJ-FOLKのリバーブ減らしたモノ)かました音を聴き比べ!。

Dscf2153_1

  生音の雰囲気残ってマス。意外に低音出てる!。

  まぁ悪くはナイですねぇ。

 お次は「ヤマキ F-120」ヂャンク¥7000で購入の1973モデル。見た目マーチン、音ギブソン(笑)。生音は低音がパワフルで良く鳴ります(楽器屋店員も唖然)。 

Dscf2201

  うう、生音とはカナーリかけ離れてマスなぁ、、、。

  あの低音ドコ行ったの?ん~残念!。

 ヤマハの1974モデル「FG-180J]通称黒ラベルってヤツです。コイツもヂャンク¥8500也、主に指弾きの時に使用。

Dscf2202

  大人し目の音は生同様デスね。

  可もなく不可もなく・・・。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

つづく、、、。

|

« 建築模型 プロローグ | トップページ | ハローワークに行って見た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/15178357

この記事へのトラックバック一覧です: PUを色んなアコギに-01:

« 建築模型 プロローグ | トップページ | ハローワークに行って見た »