« 初めてのレイン・ストリート | トップページ | 蘇れホビーバイス »

2007年3月17日 (土)

TE?-22

■とりあえず手持ちのPUで完成させたTE?。フロントに使ったのはフェルなんですの4、5万クラスのストラトシェイプに付いてるヤツ。PUカバーはポールピースが見えずノッペリしたモノでス。テレっぽさを出すのにPUは重要なアイテムですしぃ。

Dsc00536

 将来テレのフロントに変更しようと考えていたので、出来るだけ細身になる様PUカバーは外して付けてマシタ。でようやくクロームメッキのアノPU、手に入れマシタ!。

Dsc00539

 PUはトレモロユニットにより減少してしまうボディ振動を出来るだけ補う為ダイレクト付けしてマス。アルミパイプのカラーを切り出してる図デス。幾つか長さが違うのを作り、試奏してPU高さを追い込んできマス。

Dsc00542

 PU選びはバクチですねぇ、自分のギターに付けて試奏がデキマセン・・・。リアがダンカンのJBなんで、フロントもダンカンにしましタ。同じメーカーだとカタログで、出力の比較等がし易いデスからねぇ。STR-2とSTR-3で悩んだ末STR-2に、JBは出力がそんなに大きくナイと踏んでSTR-3ではリアが負けるカナと思いマシテね。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

出力的にはSTR-3のがヨかったカモ・・・。

|

« 初めてのレイン・ストリート | トップページ | 蘇れホビーバイス »

コメント

>PUはトレモロユニットにより減少してしまうボディ振動を出来るだけ補う為ダイレクト付けしてマス。

以前からどうも確信がもてずにいることがあるんですが、それはピックアップが振動していいのか? ってこと。つまり、振動の源は弦なのだからその振動が伝わってくるということは必ず遅延があるわけで、周波数によっては逆相になることも考えないといけないはず。

だから、フルアコのギターなんかで生音が高らかに鳴るギターってのは、そのボディの振動がPUに伝わって相当な影響を与えているはずで、その影響は必ずしもよい方向ばかりではないんではないか、と。

だから、ことフルアコに関しては生音と電気音はまったく別の話と考えるべきなんじゃないか、と。そうじゃないとすればPUはフル・フローティングにしとかないといけないはず。

このあたりを確かめるには、ボディにピエゾを取り付けてその振動を拾い、マグネチックなPUの信号とミキシングしてみれば何かわかるんじゃないかと思うんです。

・・・と、また実験君依頼みたいになりますが。

投稿: Picks Clicks | 2007年3月18日 (日) 08時11分

>~ボディにピエゾを取り付けてその振動を拾い、マグネチックなPUの信号とミキシングしてみれば~

 以前ヤマハのFG-151いぢった時、マグPU+セラミックPUのミキシング出来る様にしまシタ。実はこの時「相合わせ?」が???でして正、逆どっちでもナンカしっくり来ない・・・。

 PUのリジット/フローティングについてはハッキリさせときたいデスねぇ。ソレの実験が出来そうなギター、貸し出し中なんで戻ってきたら試してみるかなぁ・・・。

投稿: ペプシマン | 2007年3月18日 (日) 15時08分

弦長630mmを保ったまま、ギターをどこまで小さくできるだろうか、と考えたことがありました。バイオリンケースに入るようなギターは作れないものだろうか? と。

当然ヘッドレスだがスタインバーガーみたいに特殊な弦しか使えないというのでは困るので、弦をエンドピン側で折り返して、でもそうすると折り返しのところはローラーみたいにしないとまずいし、そこから弦をボディ裏へ持ってきたらペグをどう取り付けるか? ペグのつまみが演奏者の腹にあたるようではまずいし、などと考えるのは楽しいんですが、そんなのはとても自分では作れないので有償でもいいからpepsimanさんにお願いしようか、などと考えていたわけです。

ところが2月末に横浜でそんなギターを見つけてしまいました。ほんとにローラーがついているんです。国内でも通販で5万円弱で買えるんですが、国内では黒いのしか出回っていない様子。「キャンディ・アップル・レッドが欲しいよう!」ということでアメリカのサイトを探し、発注してしまいました。本体329ドル、送料39ドルってところで日本円だと4万円強かな? 消費税を請求されるかどうかが微妙なところ。

というわけで、TravelerというメーカーのSpeedsterというこのギター、きっとpepsimanさんも気になるはず。

http://www.musiciansfriend.com/srs7/g=guitar/product/images/page=1/base_pid=518703

メーカーのサイト
http://www.travelerguitar.com/

投稿: Picks Clicks | 2007年4月 7日 (土) 08時40分

HIROさんって人がそそるの作ったんデス。http://ameblo.jp/ericclap/entry-10015203526.html#cbox
で、HARDOFFでストラトヂャンクまで手に入れ作ろう!としたんデスが
思いのほかこのヂャンクが鳴ってしまいまして、、、
このURLの続編はまた進化してマス!。

投稿: ペプシマン | 2007年4月17日 (火) 00時19分

なるほど。「ストラトならでは」というのはブリッジのところで弦を90度直角に取り回しできるということなんでしょうか。

たしかにこっちのほうが、ブリッジより先の弦長を短くできるのでチューニングに不安がないかも知れせん。ペグがなにかに当たるかも、というのも考えてみればペグをヘッドにつけるのと同じですからね。

ということを言っているウチに、SpeedSterが到着しました。.010くらいの弦が張ってありますが、意外に丸い音です。引きやすいかというと、やはりボディが小さい分、取り回しが難しいところもあります。オクターブの位置をしょっちゅう間違えるとかもね。

フラットワウンドの太い弦を張ってやろうと思ってたんですが、ナットの溝が狭くてちょっと無理みたいです。

投稿: Picks Clicks | 2007年4月22日 (日) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/14296711

この記事へのトラックバック一覧です: TE?-22:

« 初めてのレイン・ストリート | トップページ | 蘇れホビーバイス »