« SONAR-LE 02 | トップページ | 「大人の科学 Vol.06」-02 »

2007年2月19日 (月)

HOSCOタンバリン-03

■前回は色(スターライト・ブラック・パール)吹きまでデシタ。これはコレで、文字が浮き出て悪くはナイですなぁ。

Dscf1325

 でもやっぱ、マスキングテープ貼りっぱなしってのもデス。着色もトテーモ薄いんで、ぶつけたら下の白地がスグお目見えですしね。

Dscf1328_1

 マスキングテープ剥がしたら段差が気になりマスねぇ。がココはペーパーがけをグッと堪えとりあえずクリア吹きまショウ!。メタリック系の塗料は金属?粉が出るので、ペーパーがけはクリア吹いて段差以外を覆ってからデス。クリア無しではペーパーの細かい傷に金属粉?が入り込み汚くなってシマイマス。

Dscf1623

 クリアは厚めデス。模型飛行機の様に塗装重量気にしないくてイイんで気がラク!。でも最も吹くのがムズカシいのがクリア吹き。タレる寸前がベストですが、面出ししてコンパウンドかけるなら、クリア吹きで無理して艶出す必要もアリマセン。気長に薄く何度も吹きまショウ!。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

マスキング剥がした辺りがホワシェルの路上ライブ見た最後・・・。

なので2枚目と3枚目の間には3ヶ月もブランクが有ったりしてマス。

|

« SONAR-LE 02 | トップページ | 「大人の科学 Vol.06」-02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/13976583

この記事へのトラックバック一覧です: HOSCOタンバリン-03:

« SONAR-LE 02 | トップページ | 「大人の科学 Vol.06」-02 »