« Taylor にヤラレタ・・・04 | トップページ | TE?-15 »

2006年11月19日 (日)

ラヂオ部ココログ支店-02

■もう何度見直したでショウ・・・。だが見直す度に間違いが発見される始末。たったコレだけの配線すらマトモに出来ない私って・・・。

Dscf1619

 上画像で基盤裏の赤い配線は誤配線を直したモノです。最初は欲張らず被覆線で素直につなげばイイものを、色気だして配線交差が無いようにした(結果出来てナイが…)のが敗因かと。HIROさんに指摘されていたコンデンサの極性間違いも発覚…。

Dscf1620

 Picks Clicks さんに電源電圧が低いのでは?と言われ約15Vでドライブ。でも鳴らないんだよねぇ・・・。22MΩの抵抗を1MΩ程度にしては?と言うのは未だ試してナイんだけど、他に原因が有る様な・・・。最初は全く音出なかったんデスが、現在は小さーく音出る様になりまシタ。ただし電源有っても無くても同じ音量・・・。ボリュームは効いてマスがアンプ内を信号がスルーしてるのって本来有り得んのでショウか?。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

こんなにハマるとは・・・(涙)。

|

« Taylor にヤラレタ・・・04 | トップページ | TE?-15 »

コメント

この回路だと、電源が入っていないときに信号がスルーすることはあるでしょうね(ピエゾ→0.0056μFコンデンサ→1段目と2段目の間の抵抗→10KΩの抵抗→2段目の帰還抵抗:1kΩ)。

しかし、電源が入っていても同じというのはつまり4558がちゃんと動ける状態にないということだと思います。

4558がちゃんと動ける状態にあるかどうかは、それぞれの出力端子の電位でわかります。出力の直流電位がプラス/マイナスの電源電圧から1.5V以上離れていてほしいところです。

この条件を満たすために、1段目のプラス入力に電源電圧を2本の10KΩで分圧した中点電圧を与えているのですが、22MΩを流れるバイアス電流が出力電位をその中点電圧からずらせる要因となっています。その電圧のズレは4558の平均的なもので150nA*22MΩ=3.3V、最大で500nA*22MΩ=11Vにもなります。

これが私の「電圧を上げてみろ」、「22Mを小さくしてみろ」の根拠です。中点が最大11Vズレるので、電源電圧を12Vにしても、22MΩがそのままではまだ十分とは言えません。

22MΩを1M程度にするには、例えば1MΩの抵抗を22Mに並列につけるだけです。

投稿: Picks Clicks | 2006年11月19日 (日) 21時13分

僕ら、超初心者で多いミスは、ハンダ付けの不完全、ショート、極性違い、アースの断線等が多いです。(経験済み)

投稿: HIRO | 2006年11月20日 (月) 01時34分

あら、こちらでも半田ごて片手に頑張ってるんですね。

最近、ハンダ吸い取り線を買いました。
これって凄く便利。
…って遅すぎる発見でした。

投稿: ■akino… | 2006年11月21日 (火) 02時38分

僭越ながら、電子回路を組むときの心構えを書いてみました。

http://picks-clicks.hp.infoseek.co.jp/electronics.html

(ほんとにエラソーだな)

投稿: Picks Clicks | 2006年11月21日 (火) 22時56分

>22MΩを1M程度にするには~
 22MΩが手に入らなかったんで20M+2MΩです。で20Mをバイパスさせ2MΩにしてみても…。

>僭越ながら、電子回路を組むときの心構えを書いてみました。
わざわざ書いてイタダキ恐縮デスm(___)m。

>テスターでオペアンプの出力電位(直流:PIN1とPIN7)を計ってみましょう。
現在は電源電圧の半分位になるようにナリマシタ!。でも鳴らない…。

今日も配線見直してみたんデスがねぇ、部品が熱で逝ってしまったのかなぁ…_| ̄|○

投稿: ペプシマン | 2006年11月23日 (木) 21時25分

出力電位が中点でもうまく動かないとすると、やはりHIDEさんの他の回路のように非反転型で入力がハイ・インピーダンスになっている回路を使うのがいいのかもしれません。

ピエゾは基本的にハイ・インピーダンスなので、今回の回路のように超低インピーダンスで受けるのはあまり一般的ではないと思います。つまり、どのピエゾにも共通に使える回路ではないのではないか、という疑問です。

投稿: Picks Clicks | 2006年11月23日 (木) 23時35分

この回路だと、入力が低インピーダンスな増幅器になっているので、低インピーダンスなマイク、例えばスピーカとケミコンを直列につないだものをピエゾの代わりにつないでみると動作しているかどうかがわかると思います。

投稿: Picks Clicks | 2006年11月26日 (日) 09時15分

チャージアンプっていうキーワードで検索してください
最近のトランジスタ技術にものっていました
何月号か忘れました
この回路のことが分かると思います

投稿: DGB | 2006年11月27日 (月) 10時00分

チャージアンプと、この種のアンプを同列に考える事ができるのかどうか、確信が持てません。ピエゾと言ってもみんな同じというわけではないと思いますし、増幅の目的も違いますよね。

チャージアンプは増幅器というよりむしろ高感度積分器ですから、そのままアンプとして使用すると高域がぜんぜんでないのではないかと思います。

投稿: Picks Clicks | 2006年11月28日 (火) 22時55分

このアンプ、くせが無くて結構いい音してますよ。
危なくも無さそうだし、、、^^

投稿: HIRO | 2006年11月29日 (水) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/12744635

この記事へのトラックバック一覧です: ラヂオ部ココログ支店-02:

« Taylor にヤラレタ・・・04 | トップページ | TE?-15 »