« エフェクターノイズゲート | トップページ | モーリス W40-08 »

2006年3月 7日 (火)

ホンダ ステップWGN-12

■前回「ちゃぷん作戦」にて発見できなかった「穴」。しかし確実に「空気は漏れてイル」。必ずや何処に「穴が」「穴が」「穴が」・・・。

DSCF0572

 んで新作戦「泡泡」。をを、この「ぷくぷく」こそが犯人「穴穴」!。←ナゼ連呼?「MOON-DISC」はM5のキャップボルトで「リムにぢか付け」してるんスが、このボルトが「ちと長め」でして、どうもソレが「ビートを突き破りもうた」らしいんデス・・・。

DSCF0575

 ならば!と「コノ穴を塞ぐ手立ては?」と考えたんどす。通常の「パンク修理キット」は「トレッド(地面と接触するトコね)」用だし、何よりもリムのM5穴ナンカにゃ使えない・・・。

DSCF0578

 で、試してみたのが「インヂェクタ」。針の尖ってない注射器で、穴から突っ込みタイヤ内部に突き抜けたら接着剤を出しながら引き抜けば、穴面が接着するってぇ寸法!。しかし現実は・・・。針の穴、ゴムで詰まるし、意外にタイヤが硬く内部に突き抜けない!。

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

まぁ微細な穴だし、次シーズンで「インスタントパンク修理(ボンベ式で粘着剤をタイヤ内に入れ穴を塞ぐ仕組み)」使えばイイやっ!。

|

« エフェクターノイズゲート | トップページ | モーリス W40-08 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/8992480

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ ステップWGN-12:

« エフェクターノイズゲート | トップページ | モーリス W40-08 »