« モーリス W40-02 | トップページ | グッと身近な小技-01 »

2005年7月27日 (水)

ホンダ DREAM50-09

■さてコレで仕上げになるんだけど、一番時間がかかったキャブセッティング。エンジンのポテンシャルを十分に引出す要。まっ早い話、混合気の状態をあらゆる回転域で最適にスルってコトだぁ、大失敗するとピストンに穴空くゼイ!。← ガソリンはエンジンを冷やす役割もアル。薄いと燃焼室の温度が上昇、ピストン材料のアルミ溶解点に達すれば解けて穴が・・・。では、ドウやって判断するのか?。

 濃すぎる場合:①爆発音が重いカンジで断続、②チョークするとより不調になる、③エンジンが暖機するとより不調、④エアクリーナー外すと好調、⑤排気ガスが黒い、⑥プラグが黒くくすぶる。

 薄すぎる場合:①オーバーヒート気味、②チョークで好調になる、③加速が悪い(息付き)、④回転変動が有り力がナイ、⑤プラグが白く焼ける。

Pim0030

 してソノ調整箇所は?

ジェットニードル(スロットル1/4~3/4):楊枝状のモノでEリングを入れる位置。1段目(薄い)~5段目(濃い)。初期設定は36Sの4段目。

メインジェット(スロットル3/4~4/4):ジェットの番数。小番数(薄い)~大番数(濃い)。初期設定は#105。

スロージェット(スロットル1/4以下):エアースクリュウの戻し量が3回転以上で小番数(薄い)に。エアースクリュウ全閉で大番手(濃い)に交換。アイドル→低速運転で息付くなら大番数に、排気が黒く排気音が重いなら小番数に交換。初期設定#48。

エアスクリュウ(アイドリング):アイドル回転数が最も高くなる様調整。高くなった分アイドルストップスクリュウで回転を下げ、繰返し調整する。初期設定 1.5回転戻し。

 その他、気象条件によっても変動!:冬(空気密度上がる)は薄くなり、高地や雨天(空気密度下がる)は濃くなる。レースするワケではナイので、冬セッティングで夏は濃い目(冷却の意味も兼ねて)になるってアタリに調整したい。

 

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

今日はこの辺でカンベンしてやろう!!。

|

« モーリス W40-02 | トップページ | グッと身近な小技-01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/5186618

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ DREAM50-09:

« モーリス W40-02 | トップページ | グッと身近な小技-01 »