« デジカメはご機嫌斜め-02 | トップページ | ホンダ DREAM50-04 »

2005年6月21日 (火)

グレコ SE450-05

★グレコ SE 450(1977製ストラトのコピーモデル)のカスタム記録です。前回までで一応のレストアが完了しました。2003年の10月、楽器屋をブラついていると「パシフィカ・リアダブルシングルPU¥1000」がジャンク品の中に・・・。型番からするとヤマハのストラト似中級グレードのモノです。ヤマハならそんなに悪いコトも無かろうと購入。SE 450購入以来25年、やっと欲しい音が見えて来ました。「リアPUをクリーミーに歪む様にしたい!」。元々本家ストラトもリアPUの出力が小さめで、リアだけハイパワーにしたモノやリアHB搭載の「FAT STRAT」が有りますねぇ。

DSC01359

 左上のがヤマハのダブルシングルPU。右のは配線用線材と3PミニトグルSW。左下は25年前に交換したメーカ?のHBです。← ピックアップカバーのピッキング傷は地でオールドいってまっせぃ。

DSC01360

 今回のカスタムではもう一つ「コイルタップ」も出来る様にしました。PAFを忠実?に再現しているのかスペーサーは木片、コイルはワックス含浸されていません。2つのコイルをつないでいる所からタップ線(白)を引き出します。元々のシールド線(右上)はコールド線(黒)ホット線(赤)に交換しました。一般的にHBのマグネットは板状の物が一枚で、2列あるポールピースの間に置かれています。シングルPUはポールピース自体がマグネットになっていて、ダブルシングルPUでは12個のマグネットが有ります。

DSC01361

 ギターに搭載したときの配置です。ヴォリューム、トーンはノーマルと同じです。PUセレクターSWは、リア:シリーズ(HB)/OFF/タップ(シングル)、センター:正相/OFF/逆相、フロント:シリーズ(HB)/OFF/タップ(シングル)です。ノーマルSE 450でストラトのくせに出せなかったハーフトーン(センター逆相+リア又はフロント)が今回の改造でやっと鳴る様になります。

 

 「だからどうした」 って?

 ぁぁぁあああっっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

次回は、ピックガードやボディの加工ですよん!。

|

« デジカメはご機嫌斜め-02 | トップページ | ホンダ DREAM50-04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/4656732

この記事へのトラックバック一覧です: グレコ SE450-05:

« デジカメはご機嫌斜め-02 | トップページ | ホンダ DREAM50-04 »