« グレコ SE450-01 | トップページ | グレコ SE450-03 »

2005年5月21日 (土)

グレコ SE450-02

 だいぶガリ音が出るので、今回はポッド(ヴォリューム)の交換です。ストラトタイプは 「1VOL、2TONE 」。VO:250kΩBカーブ、TONE:250kΩAカーブです。私はフロントPUをHBに交換してあるので、F-TONEを500kΩAカーブとしました。ヴォリュームなら電子パーツ屋と思い買いに行ったのですが、軸部分がギザギザの物が無く、楽器屋で購入しました。弦も外す事になるので交換します。

ZDSC00810

 ピックガードを止めてあるネジも錆びていたので購入。ピックは 「 おぉー指に馴染む様になっているのか!」と購入したのですが、代金を払う際、店員に 「 変形してますが?」と突っ込まれました・・・。実際に使用してみると 「 えらい弾きづらい・・・」。ホントに熱変形してただけのようです。← 商品として並べんぢゃねーっっ。

ZDSC00808

 HBの為の追加工が見えます。ノーマルPU(多分PU-100)は一般的なフェンダーシングルタイプと少しカタチが違い、ポールピースが長く高さがあります。シールドもPU端から出ており、ボディもそれに合わせた加工がされています。ブリッジ部の錆びが気になりだします。

ZDSC00809

 レオ・フェンダーは偉大ですね、ピックガードに電装パーツを取り付けてしまうとは!。しかし彼は生涯、ギターを弾く事が出来なかったそうです。だから違った観点からギターを見、ストラトキャスターを発明する事が出来たのでしょう。

 あれこれ 「 いぢってる」 うちに、あ~んな所(ブリッジ等の錆び)や、こーんな所(フレットの消耗)が気になってきてしまいました。次回はその辺りのメンテをしていきます。

 

  

 「だからどうした」 って?

 ああああああっ(((((;゚Д゚))っっ 

 またコンナもん作っちまった・・・_| ̄|○

ん~、今回は 「交換」 だなっ。

 

|

« グレコ SE450-01 | トップページ | グレコ SE450-03 »

コメント

こんばんは。おかん飛綾です。
当ブログへいただいたコメントから、こちらへ辿って参りましたところ…おお!イキナリ、話題のグレコのメンテの実況を拝見してしまいました。

エレキギターの内部はこうなっているのですね…私はまだ、弦の張り替えすらしたことがありませんが、興味シンシンです。
DTMのWebPageのほうとこちら、今後しっかりチェックして、勉強させていただきたいと思います。

…残り物でのお料理記録も参考になりそうです(笑)。

投稿: おかん飛綾 | 2005年5月22日 (日) 01時13分

 再びペプシマンです。「おかんはギタリストになれるか?!」で、プロフィールを探したのですが見つけられなかったので・・・そしたら、他のblogも運営されているのですね。飛綾(とびあや)さんとお呼びすればイイのでしょうか?。私は最近裏技?でDSL環境を手に入れ、気になっていたWEBの世界に足を踏み入れた初心者です。コメントの仕方もコレで良いのか?不安です・・・トラックバックとかも???(-_-;)

投稿: ペプシマン | 2005年5月22日 (日) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108074/4221955

この記事へのトラックバック一覧です: グレコ SE450-02:

« グレコ SE450-01 | トップページ | グレコ SE450-03 »